心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ




心理

拗ねる恋人にはどうしたら良いの?徹底解説!原因となる主な8つの心理と試して欲しいその対処法をご紹介!

更新日:

ひょんなことが原因で恋人を拗ねさせてしまい、なんだか雰囲気が悪くなってしまった…という経験はありませんか?今回は「拗ねてしまった恋人」をテーマに、彼が拗ねてしまう原因となる主な心理、そして拗ねてしまった彼の対処法についてをご紹介していきます。

拗ねる彼の心理って一体…?

そんな気は無かったのに、彼を拗ねさせてしまった…。付き合った経験のある女性なら、一度は心当たりがあるのではないかと思います。そんな時、彼が拗ねている原因もわからないし、どうしたらいいのかわからない…、と悩んだ経験はありませんか?

今回は「拗ねてしまった恋人」をテーマに、彼が拗ねてしまう原因となる主な心理、そして拗ねてしまった彼の対処法について詳しく見ていきましょう。

「パターン別」拗ねる彼氏の心理と対処法とは?

彼の心理1. 負けてプライドが傷ついた

はるか昔、女性が家で育児や家事をしていた時、男性は外に出て動物を追いかけ狩猟生活をしていました。その名残もあってか、男性の中には勝ち負けにこだわる人も多いです。

そのため、自分よりも優れている人、何かに秀でている人を目の当たりにすると、複雑な気分になったり、自己嫌悪に陥ってしまうこともしばしば。かといって自分が相手にかなわないということも理解しているため、どうしようもない気持ちが「拗ねる」という行動に表れてしまうのです。

また男性は女性に負けてしまうと、男性に負けるのよりもプライドを傷つけられてしまいます。特に親しい間柄の彼女であればなおさら。彼女は「守ってあげたい」存在であるため、そんな存在に負けてしまっている自分が惨めで情けなく、自分に腹が立つなど複雑な感情を抱いてしまうのです。

負けず嫌いの彼への対処法

すぐ拗ねてしまう彼氏を見て、イライラしたり呆れたりしてしまう女性もいるでしょう。しかし、負けず嫌いな男性は、負けて傷ついて拗ねていますので、負けた相手から怒られたりしたら、さらにプライドは傷ついてしまうので怒ってしまうのは禁物です。

「男性って子供っぽいのね」くらいに思って、負けて拗ねてしまう彼氏の気持ちをわかってあげましょう。また、負けて拗ねてしまう男性は、日頃から劣等感や敗北感を抱いてしまっている場合も考えられます。そのため普段から彼の素敵なところを褒めたり、彼を立てるようにしておくよう、意識しておきましょう。

彼の心理2. 素直に気持ちが伝えられない

小さい時、親にしてもらいたいことがあるのになかなか気づいてもらえず拗ねてしまったり、友達と遊びたいのに入れてって言えなくて一人で拗ねてしまった…なんて経験はありませんか?

素直になれないため、拗ねてしまう男性もいます。そのような男性は、本当は自分から言わなくてもわかってほしいのです。好きだったら気持ちくらい察してくれたらいいのにと思っているのですが、わかってくれないから拗ねてしまっているのです。

それだったら気持ちを言葉で伝えたらいいのに、と思う女性も多いでしょうが、プライドが高い男性や恥ずかしがり屋の男性は、なかなか素直に言うことができません。

素直になれない彼への対処法

彼氏が素直になれずに拗ねていると、何かに対して怒っているように見えることもあります。しかし、実際は彼女がわかってくれるのを待っているだけなのです。彼も自分の思っていることが言えずにモヤモヤした気分でいるのです。そこで彼女から強く怒られたり、突き放されてしまっては逆効果になってしまいます。

まずはあなたのどんな行動によって、どういうシチュエーションで彼が拗ねてしまったのか、彼が本当に伝えたいこと、分かってほしい気持ちはどのようなものだったのかを冷静に考えてみましょう。彼もあなたが理解しようとしてくれていることがわかれば、ストレートに気持ちを伝えやすくなります。

彼の心理3. 愛されているか知りたい

拗ねることによって、相手の関心を自分に向けることができます。そのため彼女が本当に自分を愛してくれているのか確認する手段として「拗ねる」男性もいます。拗ねることで、彼女が「どうしたのかな?」「何か嫌なことがあったのかな?」と心配してくれたら彼も満足して安心します。

彼女がどのくらい自分のことを想ってくれているのか、愛情の大きさが知りたくて拗ねる男性もいます。この場合は、声をかけてもなかなか態度を変えないことがあります。あなたがどのくらい自分のことを想ってくれているのか確認しようとしているため、拗ね続けているのです。

愛されているか不安な彼への対処法

彼が拗ねていたら、気遣う声をかけて思いやりを示しましょう。度々拗ねる彼氏だと、「また始まった」とうんざりするかもしれません。しかし、彼の不安を解消してあげなくてはいけないので、安心するように気遣ってあげましょう。

また、カップル間で頻繁に拗ねることが多い場合は、自分の彼との向き合い方を見直してみましょう。彼が話しかけているのにテレビに夢中だったり、携帯に夢中だったり、一緒にいても上の空、他の友達の話ばかりする…など相手があなたの愛情に不安を抱いてしまうような行動をとってはいませんでしたか?

彼の心理4. 思い通りにならないと嫌だ

また一番たちの悪いのが「自分の思い通りにならずに拗ねてしまう」というケースです。これは子供の頃から、甘やかされて育った男性に多いタイプです。

子供の頃、泣けばなんでも思い通りになったように、今でもわがままを言えば聞いてもらえると思っているのです。そのため、思い通りにならないことがあれば、拗ねてしまいます。

このようにわがままに育ったため、自分の思い通りにならないことがあると我慢できません。そんなとき、解決方法を考えるよりも、「拗ねる」という簡単な方法をとってしまうのです。

思い通りにならないと拗ねる彼への対処法

まず彼が拗ねてしまった時、何が原因で拗ねてしまっているのを明確にします。このタイプは1.あなたが彼の意見を聞き入れなかったから拗ねている、2.あなたが彼の望みを叶えることが出来ずに拗ねている、3.あなたが彼にかまってあげられずに拗ねている、の3パターンに分けられます。

1.彼が意見やアドバイスをしてくれたのに対して、あなたが自分の意見を通してしまったことで彼が拗ねているのなら、やはりきちんとした話し合いが大切。「私は〜ことで、こっちの方がいいと思って」、「私はどうしても〜だったから、こっちにしたんだ。」と相手のアドバイスをけなすのではなく、自分が選んだ方を擁護するかたちで理由や意図を伝えましょう。

2..あなたが彼の望みを叶えることが出来ずに拗ねている場合は、何をして欲しかったのかを明確にします。「僕は〜がしたかったのに」、「僕はもっと〜して欲しかった」という理由が聞ければ、あなたも次から同じ失敗をすることはありません。

3..あなたにかまってもらえずに拗ねている場合は、やはり相手との時間をしっかりと取ることが必要。テレビを見ながら上の空で返事をしていたり、一緒にいるのに携帯ゲームに夢中になっていた…なんて経験はありませんか?プライベートの時間ももちろん大切ですが、一緒にいるのであれば「一緒の時間を大切にする」義務があることも忘れてはいけません。

彼の心理5. 不満なのに言えない

不満なことがあっても自分の気持ちを伝えずに我慢をしてしまうタイプの男性は、拗ねてしまうことがあります。また、自分が言いたいことを言ったせいで、関係が悪化し喧嘩になってしまうことを恐れて気持ちを口にしない男性もいます。

付き合いたてで「相手に嫌われたくない」という思いが強かったり、「これを言ったら別れてしまうかも」というほどの危機的状況の場合は、とくに言いたいことをこらえて拗ねる男性は多いのだそうです。

プライドが高い男性は、不満をいちいち言うような男に思われたくないという気持ちがあるのかもしれませんね。また、自分の思いを率直に伝えてあなたの気分を害したくないという優しさから、何も言えずに拗ねてしまう男性もいるようです。

不満を言わずに我慢する彼への対処法

まずあなたに彼を拗ねさせてしまった原因に心当たりがある場合は、「〜のことが嫌だったの?」「私が〜したから、気を悪くしたかな?」と具体的に直接聞いてみましょう。こちらから話せるきっかけを提供してあげることで、彼が言いたいのに我慢していることをうまく引き出していくという方向です。

彼の話を聞いて「ごめんね」「気をつけるね」と認めると、拗ねていた男性も急に態度が良くなることもあります。しかし、声をかけてもなかなか答えてくれなかったり、たびたび拗ねてしまう彼氏なら、たまにはそっとしておくのもよいでしょう。きっと時間が解決してくれます。一人でゆっくり考えていれば、だんだん反省の気持ちも湧いてくるでしょう。

「今は話したくないかな、こちらもごめんね」と相手をフォローした上で放っておくと、拗ねていた男性も案外自分の子供っぽさに気づき「さっきはごめん」と心を改めるケースが多いのです。

彼の心理6.もっと自分にかまってほしい

もっと自分にかまってほしいという理由で拗ねてしまう男性もいます。なんだか自分がほったらかしにされているように感じて、寂しくなってしまうようです。

たとえば自分と一緒にいるのに友達とずっとLINEを楽しそうにしていると、自分のことを無視されているよう感じて、もっとかまってほしいと拗ねてしまうでしょう。

かまってほしがる彼への対処法

かまってほしい彼は、「もっと僕を見て!」「僕にかまってよ!」なんて恥ずかしくて言えません。彼の気持ちに気づいて、もっとかまってあげることで彼の機嫌も直るでしょう。

もし一緒にいるときに、友達から電話がかかってきたりしたら、なるべく長電話にならないよう、注意しましょう。電話中も彼がほったらかされている気分にならないよう、手を握るなどしてはいかがでしょうか?一緒にいるときは、できるだけほったらかしにしないようにかまってあげましょう。

彼の心理7. 母性を求めて拗ねる

母親のような優しさを求めて拗ねる男性もいます。男性は、恋人に母性を感じてしまうことがあるようです。甘えん坊の男性や自分に自信がない男性は特に母性を求めてしまうらしいです。

先ほど説明したケースとかぶってくる部分もありますが、カップル間で「言いたいことが言えない」、「相手の気持ちが不安」、「相手との仲が悪くなってしまった」場合、自分の心が傷ついてしまったので、また前のように優しくしてほしい、言いたいことも言わず我慢しているので、察して温かい心で包んでほしい、という彼が彼女に対して精神的に甘えているからこそ起こってしまう行動の一です。

母性を求める彼への対処法

彼との間が不穏になるような出来事が起こるたびに彼が拗ねてしまう場合は、あなたが大人になって問題を解決して前のように優しく接してほしいという、彼の甘えからくる行動かもしれません。母性を求めて拗ねる、という行動自体、普段からのあなたの愛情に少し不安や不満を感じていることも考えられます。あきらかにあなた側に落ち度があったり、不穏な空気になってしまった原因がある場合には、拗ねたことに対して怒ったりせず、こちらから謝ったり、声をかけるなどして関係の修復に努めた方が無難です。

あきらかに彼の側に過失や落ち度があり、不穏な空気になってしまったにもかかわらず、彼が彼女に解決を求めて拗ねてしまっている場合は、時間が解決してくれる場合も多いのでそっとしておくのも効果的です。このくらいで拗ねるなんて…と思うこともあると思いますが、「自分が悪いのに拗ねているだけでは解決しない」という状況が何度も続くと、彼も学習して取るべき行動や考える力がつくようになっていくのです。

彼の心理8. 喧嘩して拗ねる

そして彼女と喧嘩してしまって拗ねてしまう男性も多くいます。謝りたいと思っているのに、プライドが邪魔をして謝れない、女性である彼女に謝るということで、なんだか負けたような気分になってしまう、自分が悪いとわかっているのに認めたくなく、素直に謝る気持ちを持てない…など、これは「言いたいことが言えない」そして「負けてしまって拗ねる」、「素直になれない」というタイプを掛け合わせたようなケースです。

あなたも恋人間ではなくて友達間でも、悪いことをしたのになんだかバツが悪くって謝れない…、なんて経験はありませんか?

喧嘩して拗ねてしまった彼の対処法

喧嘩をして相手が拗ねてしまっている場合、早く解決したいのであれば、こちらから優しく声をかけてあげましょう。相手が拗ねていることに対してあなたも更に腹を立てていては、どんどんと喧嘩が長引き、彼も言いたいことを更に言い出しにくくなっていくだけです。少し大人になって、彼をなだめてあげるのが一番手っ取り早く、効果的な方法です。

口喧嘩が始まってしまったら、無理に自分の気持ちを押し通そうとして彼を負けに追い込むよりは、途中で一度冷静になって、穏やかな気持ちで話し合いをするように心がけたいですね。

まとめ

いかがでしたか?今回は、恋人が拗ねてしまう時の主な心理、そして拗ねてしまった恋人の対処法についてご紹介しました。大好きな恋人とは、トラブルなく円満に過ごしていたいですよね。相手を拗ねさせてしまいがちな方も、しっかりと相手の気持ちを理解して、彼・彼女にあった対処法をぜひ、参考にしてみてください。

(5,470文字)

-心理
-

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.