心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ




心理

涙が止まらない時は我慢しないで!3つのシーン別の原因と解消法♪

更新日:

あなたの涙の理由は何ですか?辛いことが続いて、ハラハラとこぼれてしまう涙ですか?それとも、仕事が忙しくてドライアイになっていたりすることによるものですか?そんなあなたの「涙」解消法を今日は一緒に見てみましょう。

涙が止まらない…どうしたらいいの?

涙が止まらないことでお悩みですか。その涙の原因は何でしょう。仕事ばかり頑張って、ドライアイ気味になってはいませんか。何か辛いことがあって、ため込んでしまった気持ちが涙になってあふれているのではありませんか。そんな「涙」について気になることや対策を、一緒に考えてみましょう。大丈夫です。あなたは一人ではありませんよ。

涙が止まらないのは病気なの?

あなたの目から、涙が出ている理由は何でしょう。まずは原因をしっかりチェックしてみましょう。思い当たることはありませんか?

眼科の疾患

まずは「特に辛いことがあるわけではないのに、涙が出ていることが多い」という眼科系の疾患の疑いです。涙が出やすい目の病気として考えられるものに、以下のものがあります。

「目の刺激によるもの」
・アレルギー性結膜炎
花粉などの刺激によってアレルギー症状が現れ、その刺激によって涙が出ることです。

・ドライアイ
目が正常な涙の膜を作ることが出来ず、常に乾き気味の状態です。目に風が当たったり冷たさを感じるなど、ちょっとした刺激で涙があふれてきます。逆さまつ毛なども涙が出る原因ですが、明らかな刺激があるため上記の2つよりわかりやすいでしょう。

「涙の通り道が詰まるもの」
・涙道閉塞(るいどうへいそく)
涙は普通、目の表面を適度に潤わせた後涙道を通り鼻腔に流れていきます。鼻水として、正常に排出されるのですね。しかしこの涙道が何らかの理由により詰まっていると、何でもないのに涙が常にたまっている状態になってしまいます。目頭の部分を抑えると分泌液が逆流したりするのが特徴です。

そのまま放置してしまうと炎症を起こし、目頭が腫れ、痛みを発生することもあります。何でもないのになぜか涙が出てくる…という場合にはチェックした方がよい病気でしょう。

・結膜弛緩症(けつまくしかんしょう)
ヒトの目は、黒目を角膜、白目を結膜と呼びますが、その結膜が緩む病気のことです。白目が緩んでたるむことで、涙の排出される穴をふさいでしまい、目に涙がたまってしまうことを言います。

目を閉じた時に白目の一部がまぶたに挟まれる形になるので、不快感を感じやすいでしょう。目が直接まぶたに当たるので、充血などの異常も見られやすいです。

精神的な病気

さて次に、「辛いことがあってそのことを考えただけで泣けてしまう」とか、「頑張らなきゃと気持ちをずっと張りつめているけど、ふと一人になった時にせきを切ったように涙があふれてしまう」など、心の病気を疑うケースを見てみましょう。

心の病気で涙が出てしまうことには、どんな理由があるのでしょうか。
・うつ病
広く知られた病名となりましたが、心の病である以上いつだれがかかるかわかりません。ずっと気持ちが沈み込んでいたり、何もやる気が出ず、ただ涙が出てくるという場合はうつ病の可能性があるでしょう。

・プチうつ病
うつ病と言うほどではないし、自分は大丈夫と思っている人におおい心の病気です。周りから見たら元気に見えるし、自分自身でも毎日を充実して過ごしていると思っているけれど、週に何度かひどく落ち込んでしまったり涙や動悸が止まらなくなったりします。

なかなか寝付けなかったり、ストレスからの過食などになりやすいのもプチうつ病の人でしょう。「誰が見てもうつ病」ではないものの、十分すぎるくらい心はストレスを感じています。

・統合失調症
うつ病との分け方が難しい病気ではありますが、大きな特徴として「思考」が関係してくるという点があります。うつ病は気分の低迷のため起こりますが、統合失調症は思考の障害により起こると言われています。

そのため、幻覚や幻聴が起こるとされているのです。思考が自分でコントロールできないので、涙があふれたりすることもあるようです。

涙が出るメカニズム

涙は、常にまぶたの上にある「涙腺」によって作られています。涙もろいことを「涙腺弱くなったなぁ。」なんて表現するのはこのためですね。常に涙を作り、目の表面を適度に潤わせています。まばたきによって押し出され、ワイパーのように目の表面を適度に濡らしていきます。

ぽろぽろと流れる涙は、、感動したり悲しくなったりとてもうれしかったり、感情が高ぶることによって起こります。高ぶりすぎた交感神経を抑えようと、副交感神経が働き涙を流させるのですね。鳴くととてもすっきりしてリラックスした気分になるのはこのためだと言われています。

泣くのを我慢する必要はない

前述のように、涙は交感神経と副交感神経がバランスを取ろうとすることによって起こるものです。交感神経は戦ったり考えたりするときに優位になるものであり、副交感神経はリラックスしたり食べたりと休むときに優位になるものですね。まとめて自立神経と呼ばれます。

感情が高ぶりすぎると自律神経のバランスを崩れてしまうので、副交感神経が自動的に働いてくれるのですね。この時に「泣いたらダメだ!自分はこんなことでは泣かない!」などと抑制してしまうと、さらに交感神経が活発になってしまいます。

そうなってしまうと体がどんなに正常にバランスを取ろうとしても感情で抑え込まれてしまい、体はどのバランスが正しいかわからなくなってきてしまいます。自律神経失調症と呼ばれるものです。

そうならないためにも、泣くときはしっかり泣きましょう!泣くのを我慢する必要なんてありません。いつも充分頑張っているのですから、泣きたいときはしっかり泣かないといけませんよ。

涙は強いストレスがかかった時の解消法

そんなわけで、涙はストレスを解消させるのにとても有効な方法と言えるでしょう。精神状態が辛いときは、泣かないように気を張るのではなく、むしろどんどん泣いた方が心の平穏にいいと言えますね。

失恋したときなどはワンワンと思いっきり泣いてしまった方が早く忘れられるのではないでしょうか。「あんな男のために泣かない!」ではなく、泣くだけ泣いてさっさと残った思いを洗い流してしまいましょう。そして明日から、もっといい女になって見返してやればいいのです。

目の病気で涙がとまらない場合は?

次に、目の病気が原因と考えられる「涙が止まらない理由」を考えてみましょう。思い当たることはありますか?

眼科を受診する目安

「目の病気かもしれない」と思った時に眼科を受診する目安はどのあたりでしょうか。自分の意思に反して涙が出てしまうことを「流涙症」と呼びますが、原因は多岐にわたります。痛みなどがあれば受診することはもちろんなのですが、流涙症の場合は「ただ涙が出てくる」と言う場合も多く、放置してしまう人もいるようです。

しかし常に涙が出ているという状態は正常ではありません。放置してしまうと、涙があふれる原因が悪化しさらに涙が多くなってしまったり、涙の流れる管がつまり炎症を起こしたり膿がたまったりしてしまいます。「今までの涙の出方ではないな」と感じたり、他者から涙が多いことを指摘されたら一度眼科を受診した方がよいでしょう。

花粉などによるアレルギー性結膜炎の治療

花粉の時期は、花粉が目に付着することによるアレルギー性結膜炎の症状が増えますね。花粉症は4人に1人と言われていますから、身近で「目がかゆい」と言っている人を見かけたことは多いのではないでしょうか。あなた自身もそうかもしれませんね。

この場合、他の目の病気と違い片目だけに現れるということは稀です。両目が同時に起こり、花粉などアレルギー性のものに心当たりがある場合は、一度受診した方がよいでしょう。かゆみがひどい場合は抗ヒスタミン剤が配合された点眼薬が処方されるでしょう。かゆみが引けば、次第に炎症も収まることでしょう。

ドライアイの治療

これもほぼ両目に起こることでしょうが、職業等で片目を酷使することがある場合は片目に起こる方もいるでしょう。ドライアイは必要な涙を目に溜めておけなかったり、すぐに乾燥してしまう目の病気のことです。

目は、通常ムチン層、油層、液層に分かれています。しかしエアコンによる風、加齢、コンタクトレンズの使用などにより目が乾燥した状態が続くと、ムチン層や油層や液層のバランスが崩れ、涙の量が減ってしまうのです。

それにより、常に目が乾燥してしまったり、痛みを覚えるようになってしまうのですね。ドライアイの治療法は、まずしっかり検査をして涙の状態を調べることから始まります。次に、点眼薬での治療です。

涙に近い成分と、うるおいをとどめておくムチンと言う成分が配合された点眼薬です。この点眼薬を定期的に使用し、人工的に潤いのある目元を作り出していくのです。うるおいで満たされた瞳は、油層や液層をゆっくりと元に戻していくのですね。しかしこの治療法でも効果が見られない場合があります。きちんと専門医と相談し、早期に治療していくことが大事でしょう。

点眼薬の使い方

点眼薬は決められた回数、きちんと使用しましょう。少なすぎる回数だと効果が表れない場合がありますし、多い場合には副作用がでやすくなってしまうかもしれません。医師の判断を仰ぎ、しっかりと使うことで回復を確実なものにしましょう。

痛みを感じるときの緩和方法

ドライアイにより、目の乾燥から痛みを感じるときには市販の「涙に近い成分」とうたわれている点眼薬(目薬)を使用するのがいいでしょう。あなたの目は乾燥しすぎて、ちょっとした刺激でも痛みに感じてしまうのです。肌も乾燥するとピリピリと痛みを感じることがありますよね。同じことです。

点眼薬で人工的にでも潤いのある状態を作り出し、痛みから守ってあげましょう。処方薬にはムチン質が含まれているようですが、市販薬ではヒアルロン酸など水分保持力が高い目薬を使用するといいでしょう。ドライアイではなく、角膜炎などが原因による痛みの場合はすぐに眼科を受診しましょう。

かゆみを感じるときの緩和方法

花粉などによるアレルギー症状により、かゆみを強く感じるときにはアレルギー専用の目薬を使うといいでしょう。市販薬でも「抗ヒスタミン剤」とか、「目のかゆみに」とか、「アレルギー症状に」などと書いてあるからわかりやすいですよ。

かゆみを抑える抗ヒスタミン剤以外にも、清涼感の強いもので目をすっきりさせる目薬がありますよ。目的に合わせてうまく選べるといいですね。

市販薬の利用方法

目の渇きを覚えてはいるけれど、医者に行く時間がないというときには、市販品で一時しのぎをするのもいいでしょう。一般的なコンタクトレンズに使用できる目薬は、どれも涙に近い成分で作られていますから、そのようなものを使用するといいですね。

また、もう少しお金を出してももっとうるおいが欲しいという方は、「新ロートドライエイドEX」のような、ドライアイを感じている方専用の目薬がおすすめです。目薬としてはやや高級品になりますが、その分粘度が高くすぐに乾いてしまうようなことは防げるでしょう。ヒアルロン酸やコンドロイチンのとろみが、あなたの瞳をやさしく癒してくれます。

精神的な病気で涙がとまらない時

さて次は、心が疲れてしまったり、疲れすぎて病気になってしまったことが理由による涙の場合です。ここまでよく頑張りました。あなたは頑張りすぎてちょっと疲れてしまったのですね。そんなときに涙が流れてしまうのは当然のことです。

「自分は弱い人間だ」なんて、自分を責めてはいけません。人間なんてみんな弱いものです。だから、支え合って生きていくのです。

うつ病・プチうつの症状

心の疲労がひどくなってしまうと、「心の風邪」と言われるうつ病にかかってしまいます。心の風邪などと言われますが、実際は風邪のように放置していても治るものではありません。あれは「うつは重病ではなく風邪のようなものだから、気軽に受診してね」という、受診せずに一人で抱え込んでしまう人を救うための言葉です。

そうです。あなたはそれだけ疲れてしまっているのですから、専門医の受診が必要なのです。何をしていても楽しくない、将来の不安ばかりを考えてしまう、やらなきゃと追われるような気持ちが常に自分を支配していて、辛くて消えてしまいたい。

夜になると不安で苦しくなる。そんなことを思ってしまうあなたは、うつの傾向があります。そして考えたら考えただけ、涙が出てきて止まらないのではありませんか。そしてそんな症状が「毎日ではないが週に何度か襲ってくる」ことがあるのならば、プチうつと呼ばれる症状でしょう。

統合失調症の症状

統合失調症になりやすい人として、「流されやすい人」が挙げられると言います。人に流されやすく、自分の意見を表に出すことが上手くなく、そのうち「自分はみんなにとって必要ではないんじゃないか」「自分は周りに振り回されてばかりだ」と感じ始めます。

ここまでは健康な人でも、たまに考えたりすることがあるでしょう。しかし他者とコミュニケーションを図るうち、そんなのは思い過ごしであることに気付くのです。しかし統合失調症になりやすい人は、コミュニケーションを取ることが上手くないので思考の修正が上手くできない場合が多いのです。

そしてそれが悪化していくと「自分の人生は周りに決められてしまっている」と感じ始め、どうしようと焦っていきます。しかしそもそもが流されやすい人なので、上手くその気持ちを他者に表現できません。そのため「この世界と自分はかけ離れている」と、現実感を失ってしまうのです。

しだいに「自分は誰かに操られているのではないか」と考え始め、自分が自分でなくなるような感じや、思考が自分でコントロールできなくなり、思考と体がバラバラになってしまうように涙が止まらなくなったりするのです。

受診する目安

心の疲労は、自分では気づきにくいものです。しかし体は心のSOSをうまく拾ってくれます。わかりやすいのはやはり涙や動悸でしょう。あることを考えると涙がハラハラと出てきてしまったり、動悸が止まらなくなったりするときはそのことに原因があるのかもしれません。

もちろんそのことから離れることが一番ではありますが、なかなかそう上手くいかないという場合も多いでしょう。その場合は、受診することが大切です。心とからだのSOSを、きちんと受け止めて認めてあげましょう。

・泣くことが増えた。夜になると悲しくなってしまう
・泣く以外にも不眠などの症状がある
・娯楽をする気力が起きない。仕事だけひたすらこなしている
・食べることや性欲がわかない

上記のようなことがあれば、一度心療内科や精神科を受診してみましょう。

心療内科・精神科を選ぶポイント

心療内科と精神科の違いが難しいところですね。「症状が軽いものが心療内科・重いものが精神科」と思われることが多いようですが、実際にはちょっと違います。

心療内科はこころの病気が原因の体の病気を治療するところで、精神科はこころの病気の症状を治療するところです。例えば先のうつ症状や統合失調症の自覚がある場合は、精神科の方が早いでしょう。

心療内科は、心の病が原因の動機や息切れ、めまい、下痢や便秘を繰り返すことなどを覚えるときに受診するのがいいでしょう。体の症状をなんとかしたいという場合には、心療内科ということですね。

診断方法

あなたが感じているその辛さがうつかどうか、簡単にチェックしてみましょう。こんなことは思い当たりませんか?

・たくさん寝すぎてしまう。寝ても寝ても眠い。
・イライラして落ち着かず、甘いものばかりを食べてしまう。
・全身の疲労感が強く、体が重い。
・ストレスが強く、買い物やギャンブルを予定以上にしてしまう
・夕方以降に気分が落ち込み、夜や雨の日は気分が非常に落ちる。

思い当たる項目が多い方は、やはり一度受診することをおすすめします。

日常生活で注意することは?

まずはよく泣くことにしましょう。定期的に泣くことで、どんどんストレスを外にだしてあげることが大切です。また、あなたのそのうつの気分に原因があるようでしたら、原因から思い切って離れてみることも重要でしょう。暴力的な彼氏、パワハラの上司など、「私が我慢しなきゃ」と思う必要はないのです。

あると便利な涙対策アイテム

日常でもポロポロと涙が出てしまうという方は、涙対策アイテムを持っておきましょう。女性の場合は涙でメイクが落ちてしまうと困りますから、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーがいいですね!いつでもキレイに、涙に負けない女になりましょう。

そしてハンカチは涙をたっぷり吸収してくれるタオル地のものがいいでしょう。目が涙で赤くなってしまったとき用に、充血対策目薬も持っておきましょう。これでどれだけ泣いてしまっても大丈夫です!泣いた目をごまかすためにダテ眼鏡を持っておくのもいいですね。PC用のブルーライトカットメガネがごまかしが効くのでおすすめですよ。

仕事のストレス解消に涙活をしよう

ストレスがたまると涙は出てきてしまうものですが、そのときには「いっぱいいっぱい」の状態であることがほとんどです。コップから水があふれてしまうような状態なのですね。そうなってしまう前に涙を流すことで、ストレスを適度に解消していきましょう。そのために役立つのが、感動することで涙を流そう、という「涙活」ですよ!

涙を流すことで期待できる効果

涙を流すことは、興奮していた神経を一気に鎮める「副交感神経」の働きが活発になることにつながります。副交感神経は脳や体をリラックスさせ、気持ちを静めてくれます。ワンワン泣いていた子供が、泣いた後に寝てしまうのはこのためですね。感動して涙を流すことでも、高いリラックス効果が得られるそうです。週末は感動して涙を流し、スッキリさっぱりしましょう。

涙が止まらないおすすめ映画

感動映画と言えば、洋画では悲恋の物語「タイタニック」が名前に上がることでしょう。画家を目指す青年と、政略結婚を余儀なくされた上流階級の娘と言う身分違いの恋も、見ていてドキドキキュンキュンさせてくれますね。

幸せいっぱいのシーンからの身も凍るような悲しい物語に、涙が止まらないことでしょう。邦画では「永遠の0」がおすすめです。何気ない日常が幸せであふれていることを実感できることでしょう。

夜に聞きたい!歌詞が泣ける一曲

毎日頑張っている自分に応援歌として、歌を聞いてみるのはいかがでしょう。岡本 真夜さんの「TOMORROW」などは、まさに涙の数だけ強くなるあなたのためのような歌ですね。

秦 基博さんの「ひまわりの約束」も、なみだもろいあなたにはピッタリかもしれません。いつもそばにいてくれる大切な人をもっと大切にしたいですね。中島 みゆきさんの「ファイト!」は、今まさに戦っているあなたに対しての応援歌です。笑われたっていいんです。今はたくさん泣いたっていいんです。最後に笑える人生でありましょう。

涙が止まらない話を教えて

涙が止まらない話としては、こんなエピソードがありますよ。
「うちの母親、弁当箱いっぱいにオムライスを詰めるお弁当が得意だったの。小学生のころも、高校生になっても、弁当箱のサイズは変わったり2段になっても同じ。そんなにオムライス好きなの?って友達に言われるから、母親にあの弁当嫌だって抗議したこともあったわ。でも結局直らなかった。

で、自分が母親になってみて、子供は食べ盛りの中学生。おなか減らないかな?卵でタンパク質摂らなきゃね。野菜も細かくして…って結局母が散々作った、弁当箱いっぱいのオムライスを持たせてる。今ならわかるよお母さん。あれは弁当箱いっぱいの、私への愛情だったんだね。」

そうです、みんな周りの人の愛情に気が付いていないだけで、あなたがたった一人だなんてことはないのです。人間は誰かとつながっていないと、生きていけません。

涙はこころの汗!適度に流しましょう

運動したら汗をかいてスッキリするように、定期的に涙を流してスッキリすることは大切なことです。病気かもしれないと思ったら、心がSOSを出してくれたんだと前向きに考えていきましょう。

いつも頑張っているあなたですから、その頑張りを自分で認めてあげなくてはいけません。頑張った分たくさん自分を甘やかし、たくさん泣きましょう。「自分なんてダメだ」なんて、自分を否定して嫌いになったりしないでくださいね。大丈夫、あなたはもう充分頑張っています。あなたの明日が、喜びに満ち溢れた日でありますよう。

(8,394文字)

-心理
-,

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.