心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ

心理

好き避けする男の特徴5つとその心理を大公開!lineやメールはどんな感じ?恋愛に発展させるための4つの対処法も教えます!

更新日:

好き避けする男の心理や特徴を紹介します。好き避けという言葉を耳にしたことはありますか?自分が好きな男性に好き避けをされると「どうやって関わればいいのだろう…」と悩むようになってしまいます。好き避けをしている男性への対処方法を知って、恋愛をスムーズに行えるようになるといいかと思います。

好き避けする男って!?中学生や職場の人に多い?

そもそも好き避けって?

皆さんは好き避けという言葉を耳にしたことはありますか?好き避けは「好きな人に対して冷たい態度をとってしまう」「好きな人を避けるような言動をしてしまう」というような事です。これは小学生や中学生の男の子が、好きな女の子に意地悪をしてしまうというような事とおなじだと言われています。

好きな人に対して、避けるような言動を行うようになれば「嫌われている」などと相手を勘違いさせるようになります。なぜ、多くの人は好き避けをするようになってしまうのでしょうか?好き避けをする男の心理や特徴を見てみましょう。また職場の男性は「ばれないように」という気持ちから好き避けをするようになるとも言われています。中学生や職場の男性に多い好き避けを見てみましょう。

自分が好きな男性から「嫌われている」と感じても、実は好き避けをされているだけという可能性も考えられます。好きな人から好き避けをされていると感じた時には、恋愛が円滑に進むような対処が出来るようになるといいかと思います。好き避けをしている男性への対処方法を紹介します。

好き避けをする男性の5つの特徴

1.恥ずかしさで赤面

好き避けをする男性の多くは好きな人を目の前にして「恥かしい」という気持ちから頬が赤面します。傍からしてみれば、分かりやすくて可愛らしくも見えるのですが、当の本人からしてみれば、気持ちを隠したいのにバレてしまうので、コンプレックスのひとつでもあるでしょう。

ただ、中には赤面症で、好きな人を目の前にしていなくても、誰かと話しをするだけで緊張してしまって顔が真っ赤になってしまう人もいます。なので、好き避けをする男性なのか、単なる赤面症なのかを見極めるのは少し難しいかもしれませんね。

2.目線が合うと咄嗟にそらす

好き避けをする男性は、好きは人と目が合うとどうしても視線をそらしてしまう傾向があるようです。その理由はただ一つ、恥ずかしいからです。自分が好きではない女性となら普通に目を合わせて会話も出来るのに、好きな人を目の前にするとさっきまでの自分はどこにいったのか、目を一切合わせられないのです。

そして、好きな女性がまたどこか他の場所に目線を移したタイミングで、またこっそりと彼女を見つめる…この繰り返しです。本人は、バレていないと思っているかもしれませんが、見られる側からしてみればやたら視線を感じるはずです。

好き避けをする男性は、恥ずかしがりやで自分の気持をなかなか素直に言えないタイプの人に多いと言われています。せっかくのチャンスも自ら手放してしまうので、彼の気持を知っている周りの友達はモヤモヤすることでしょう。

3.やたら自分の体に手を当てる

好きな人と話をする時に「緊張」をしてしまう人は少なくありません。「恥ずかしい」「何をしたらいいのかわからない」というような心理になっているのです。好き避けをする男性はこのような心理によって不自然な行動を取るようになります。ソワソワするようになることで、自分の体を必要以上に触るようになります。

このような態度を見られたくないと思うようになることで「好きなのに相手の事を避けてしまう」という状況に陥るようになるのです。人によってどこを触るのかは違ってきます。袖をいじったり口元をいじったりと「モジモジ」している様子が見られるようになると言われています。

4.緊張して言葉が出てこない

好きな人と会話をする時に、緊張をして言葉が出てこないという経験をしたことがある人も多いかと思います。好き避けをする男性心理として、好きな女性と会話をする時には緊張状態がマックスになっています。そんな、冷静な判断がしにくい中で、嫌われないように一生懸命言葉を選ぶあまり、普段使わないような言葉遣いになったり、噛んでしまうことがあるのです。

ただ、自分と話をしている時に、相手があまりにも噛み続けたら、「怖がられてるのかな?」と思う人もいるようです。本当は好きで好きでたまらないのに、嫌われていると思われてしまうのは、なんだか可愛そうですよね。

5.ヤキモチをやく

好き避けをする男の特徴として、好きな人に対してはものすごく奥手にも関わらず、独占欲が強いことが挙げられます。そのため、気になる女性が他の男性と仲良くしている光景を目の当たりにすると、嫉妬や「取られてしまうかもしれない」という心理から理性を失ってしまうのです。普段は大人しめで、自分の感情を極力隠そうと必死な彼も、恋のライバル(?)の登場には冷静ではいられなくなってしまうようです。

実際に、女性に話し掛けている男性が恋愛感情がなかったとしても、それを直接聞く勇気はないので1人で勝手にあれこれ妄想を始めてしまい、1人で落ち込むのです。そして彼が次に取る行動としては、突然声のトーンが大きくなって、注目を浴びようとしだしたり、はたまた不機嫌になってどこか別の場所に行ってしまうなど、周りを驚かせる行動に出るのです。

本人としては、内心ではそういう露骨な態度を取ることで、相手の女性にも勘づいてほしいという願望があるのかもしれません。しかし、ヤキモチを焼いて突然怒りだすのは、逆効果です。ここは男らしく自分の気持を伝えるチャンスにしましょう!

好き避けをする男性のlineやメールの特徴は!?

あくまでもlineやメールは連絡の手段の1つ…

多くの女性は、好きな人とは毎日のようにlineやメールをしたいと思うようになります。これは女性はlineやメールは「コミュニケーションの一環」だと思っているからです。しかし、男性は女性のようにlineやメールでの連絡をそれほど重要なものだとは考えていません。連絡を取ることよりも、直接会う事の方が大切だと思うようになるのです。そのため、好き避けをしている男性はlineやメールが素っ気なくなってしまう事もあります。

あくまでも男性にとっては、好きな人とのlineやメールでも「連絡の手段の1つ」なのです。しかしこのような場合でも、直接会っている時に「楽しそう」「喜んでいる」「緊張している」というようなプラスな印象が持てれば「自分に好意を持っている可能性がある」と判断することが出来ると言われています。

また中には「大人な男性だと思われたい」という心理から好き避けをしている男性のlineやメールが素っ気なくなってしまう事もあります。素っ気ない態度を見せるようになることで「ガツガツしていない大人の余裕」を見せようとしてしまうのです。

それだけではなく、好きな女性に返信をしようとしてもなんで返したらいいのだろうと悩むようになってしまう事もあります。返信に時間がかかるようになることで「好きだということがばれるかもしれない」と思うようになってしまうのです。

その結果「わざと寝たふりをして明日もlineやメールが出来るようにする」「重要な場所で返信をしない」「わざと返信を遅らせる」というような行動を起こすようになると言われています。また緊張によって普段は気軽に会話をしているのに、lineやメールになると敬語になってしまうという事もあります。

好き避けをする男性への4つの対処法

1.まずは好き避けか嫌い避けかを見極める

自分がすきな男性が「冷たい」「嫌われているような気がする」というような言動を行うようであれば、まずは「好き避け」なのか「嫌い避け」なのかをしっかりと見極めるようにしましょう。嫌い避けをされているのに、必要以上に男性にアピールを行うようになることで「ウザったい」などの悪印象を持たれるようになってしまう可能性もあります。

反対に好き避けをしている男性に対しては、自分からアピールをしていかないと関係を発展させることが難しいこともあります。そのため、避けられている原因をしっかりと把握するようにすることが大切です。しっかりと見極めるためには、好き避けをしている男性の特徴や心理を把握して、その男性に特徴があるかどうかを観察するようにすることが大切です。

この時に、自分の感情だけで判断するのではなく一度冷静になって客観的に見るようにすることも大切です。主観的になってしまう事で嫌い避けを好き避けだと勘違いするようになってしまう事もあるので注意をしましょう。好き避けをする男性の対処を行う前に、このことを第一に考えるように出来るといいかと思います。

2.時々悲しい顔をしてみる

自分は大人な対応をして、好き避けをしている男性に対して冗談で笑い飛ばすような対応を行うようになれば、男性はいつまで経っても好き避けをやめません。しかし、いつでも好き避けをされるようになれば悲しい気持ちになってしまいます。

好き避けをしている男性は「恥ずかしい」「どうやって接したらいいのかわからない」という心理になっているだけです。そのため、好き避けをして女性を悲しませようとしている訳ではないのです。好き避けをする男性に意地悪な事を言われた時には、好き避けをする男性への対処法として「悲しい表情を見せる」という事を行うようにしましょう。

そうする事で「この言動は悲しませてしまう」と自覚を持ってもらうことが出来るようになります。好き避けを対処するためには「あなたのその言動や態度は悲しい」というアピールをするようにすることが大切なのです。この時に男性から更に避けられるようになれば「好き避け」ではなく「嫌い避け」であると判断することが出来ます。

3.自分から近づくようにする

「自分は好きな人に積極的になれる」「好きな人にアピールするためなら周りの目は気にならない」という人もいるかと思います。このような場合であれば、自分から積極的に好き避けをしている男性に近づくようにしましょう。好き避けをしている男性は、人目が気になって人がいる場所では余計に冷たい態度をるようになるという特徴があります。

そんな状況に中で、好きな女性に近づかれるようになればタジタジになってしまいます。彼を追い詰めるようなイメージで、どんどん「私はあなたの事が好きです」というアピールが出来るようになるといいかと思います。好き避けをしている男性は基本的にシャイな人が多いと言われています。そのため自分から行動を起こさないといつまでも関係を縮めることはできないのです。

また、自分が積極的に「好きアピール」をするようになれば、男性が自信を持つようになって告白してくれるようになる可能性もあると言われています。好き避けをする男性への対処法としては「自分が積極的になって男性に自信を持たせる」ということが大切なのです。

4.時には自分も避けてみる

いつも男性から好き避けをされるという場合には「自分からも好き避けをしてみる」という対処法もあります。これは「目には目を、歯には歯を」というようなハンムラビ法典によるものなのです。ただ、好き避けをする男性への対処法の中でもリスクがあるものだと言われています。自分が好き避けを必要以上に行うようになると「嫌われている」と思われるようになることもあります。

またこれが原因で、2人の関係が壊れてしまう可能性もあるので注意をしましょう。場合によっては、自分が好き避けをするようになることで男性に焦りを与えることが出来るようになります。焦りを感じれば、男性から自分に近づいてくるようになるのです。この時に、男性が勇気を持って近づいて来たら笑顔で受け入れてあげるようにしましょう。

近づいてきた時に、好き避けをしてしまえば関係を縮めることが出来なくなってしまう可能性もあります。大切なことは、相手との距離感を常に意識するようにすることです。これは、リスクもあるので慎重に行うように出来るといいかと思います。

好き避けをしている男性には適切な対応を…

このように好き避けをする男性にはいくつかの特徴があります。好き避けをする男性は「恥かしい」というような心理になっている事を理解してあげるように出来るといいかと思います。好き避けなのか、嫌い避けなのかを間違えてしまわないようにしましょう。嫌い避けをしている男性に、自分から無理に近づくようになれば、余計に嫌われるようになってしまう事もあります。

また、自分が好きな男性に好き避けをされていると感じた時には対処を行うようにしましょう。好き避けをする男性に適切な対応をして、自分の恋を叶えるように努力が出来るようになるといいですね。

(5,220文字)

-心理
-

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.