心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ




健康

髪の毛の太さはどうすれば変わるの?太く強い髪にする3つの方法♪

更新日:

髪の毛が最近簡単に切れると感じたり、抜け落ちた髪の毛を見て細いと思ったことはありませんか?しかし、そのように感じたところで、どうしようもないとあきらめている人がたくさんいます。髪の毛を太くする方法をまとめます。

髪の毛の太さや質は人それぞれ違う

「何となく髪が細い気がする」とか「何となく薄毛になった気がする」といったことに、悩まされてはいませんか。髪の毛は、人それぞれいろんな個性が出る部分で、本数・癖・太さなどが大きく異なる部位になっています。そのため、その人にとっての最適な太さや本数は、人それぞれと言えるのです。

しかし、長い時間生きていると、その髪の毛の質が変わり始めて、数が減ったり太さが変わったりすることがあるでしょう。そうなると、ふとした時に鏡をじっと見て「薄毛が進行している…」と感じるようになるのです。そこで、髪の毛の太さについて検証し、どうすれば太くできるのかを考えていきます。

日本人はもともと髪が太い

日本人でも、人によって髪質は異なり、髪の毛の本数や癖の有無、太さは変わってくるものではありますが、人種によっていろいろと髪質には異なる点があるのです。

まずは、人種による髪質の違いとは、どういうものなのかを見ていきましょう。この視点から、髪の毛が細くなることはどのようなことを意味しているのかが、見えてくるかもしれませんよ。

日本人は直毛で太い髪の毛

日本人の髪質の特徴は、直毛で太い髪の毛です。これは、日本人だけではなく、日本人を含む黄色人種に当てはまる特徴と言われています。また、日本人は92%が直毛で、髪の毛が太いとも言われているのです。ただし、この髪の毛の太さにもかなりの幅があって、0.05~0.15ミリとなっています。

この髪の太さが最も輝いている時期は、男性が20歳頃で、女性では25歳頃となっており、それ以降は細くなっていくのです。さらには、老化によって毛小皮という髪質を変える部分の厚さが変わってくるので、若い頃は太くて硬い髪の毛が、年をとって細く柔らかい髪の毛になってしまうこともあるでしょう。

日本人は髪の本数が少ない

ここで問題となるのが、この髪の毛の本数です。この髪の本数は、はっきり言って、西洋人と比べるとかなり少ないものとなっています。実際の比較として、日本人場合は髪の毛の本数が1平方センチメートルに150本程度となっていますが、西洋人は200本以上と言われています。

このことからも分かるように、髪の本数を密度で表すと、日本人は西洋人よりも非常に少ないことが解ってきます。ただし、西洋人は日本人と比べた場合髪の毛が細い傾向にあるので、そこで差がついていると思ってください。つまり、太くて本数が少ないのが日本人で、細くて本数が多いのが西洋人というわけです。

太くて本数が少ないのに細くなると…

それではここで、問題となります。太くて本数が少ないのに、細くなるとどうなるのかというところです。答えは簡単で、薄くなって頭皮が透けて見えるようになるでしょう。もっとひどい言い方をすると、ハゲて見えるようになります。

もともと本数が少ないのを太さでカバーしている面があるのですが、その部分が無くなってしまったらしょうがないですよね。つまり、抜け毛が増えたことを気にすることも大切ですが、髪の毛が細くなるという事態を回避することも、非常に大切だということです。

抜け毛が増えた=薄毛になるという考えも正解ですが、髪の毛が細くなった=ハゲて見られるということも覚えておきましょう!

髪の毛の太さが変わる3つの原因

日本人は、髪の毛の本数が少ないのを髪の太さでカバーしていた人種なので、髪の毛が細くなること自体が危険信号であることが解りました。そこで、どうなったら髪の毛が細くなるのか、またどうすれば太くすることができるのかを考えていきましょう。

抜け毛が増えてからでは遅いのです、髪の毛が細いと感じたり、頭皮が透けて見えると感じたら、すぐ行動に移すようにしてください。

ちゃんと食事をしているか

髪の毛が細いか太いかは、食事の内容が大きくかかわってきます。特に、髪の毛を成長させるために必須なタンパク質や、そのタンパク質を補助するために必須な亜鉛やミネラルを摂っているかどうかです。

タンパク質やミネラルはおそらく意識していなくても、そこそこ摂取できているでしょうが、問題なのは亜鉛ではないでしょうか。

亜鉛は、牛肉やレバーといった肉類、するめ・毛ガニ・牡蠣といった魚介類に多く含まれている食べ物です。他には、ナッツ類や乳製品にも含まれていますが、そちらは含有量が少ないので、効率よく摂取するなら肉か魚介類でしょう。

この亜鉛は、成人男性は10mg、成人女性は8mgの摂取が推奨されているのですが、肉や魚を食べない人は、間違いなく圧倒的に足りていないことが予想されます。特にダイエットの人は、肉を控える傾向にあるので、亜鉛摂取量が不足気味です。

睡眠時間はとれているか

髪の毛が最も成長する時間帯とは、睡眠中になります。睡眠不足になっている人は、髪の毛がうまく成長できていない可能性があるので、細くなってしまう危険性があるのです。

また、寝るのにも、ベストなタイミングがあると言われています。成長ホルモンを髪の毛に取り入れる毛母細胞が活発な時間帯は夜の10時~2時、成長ホルモンが一番分泌される時間帯は夜中の1時~2時、そして、睡眠に入ってから成長ホルモンが一番分泌されるのは、寝てから30分~3時間となっています。

そのことを踏まえると、夜の10時ぐらいに就寝するのが一番良いでしょう。逆に、夜更かしして2時以降に寝るのは効率が悪いともいえます。

頭皮ケアはできているか

おそらく今まで意識してこなかった人は、全くやってこなかったであろう頭皮ケアは、薄毛が気になり始めたら必ず行うようにしてください。血行不良があると、栄養が髪の毛に届かなくなって細くなってしまいます。

頭皮マッサージを行って血行を促進し、頭皮と髪の毛を自分に合ったやり方で洗って、しっかりケアするようにしましょう。また、ストレスが溜まりすぎていると血行が悪くなってしまうので、そちらのケアも大切ですよ!

髪の毛の太さは大切です!

以上、いかがだったでしょうか。髪の毛の太さはいったいどうなっているのかを検証し、太さが変わる要因は何なのかを検証しました。

髪の毛の太さは、そこまで重要視されない傾向にありますが、もともと髪の毛の本数が少なく、太さでカバーしていた日本人は、薄くなると頭皮が透けて見えるようになるので、はっきり言ってよくありません。

そこで、鏡を見てなんとなく透けて見えると感じたら、食事内容や睡眠を見直して、頭皮毛をしっかり行うようにしてください。

(2,755文字)

-健康
-,

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.