心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ

健康

気になる体臭「アセトン臭」とは?原因と対策を大調査!

更新日:

自分では気づかないうちに、体が臭ってるなんてことがあったら、ショックですよね?体臭を気にしている方は少なくないはずです。体臭の中でも、「アセトン臭」という独特の体臭があります。ここでは、アセトン臭の原因と解決法をご紹介します。

アセトン臭とは

口臭や体臭の中では、ケトン臭やアンモニア臭といった様々な臭いがあります。体臭は誰でも気になるもので、できるならば良いにおいまでといかなくても無臭になりたいと思っているはずです。エチケットとしてにおい対策を考えている方も多いはず。そんなみなさんに、今回は人間誰でも血液中にある「アセトン体」が原因で起こる「アセトン臭」というにおいについてご紹介します。

アセトン臭ってどんな臭い?

腐ったリンゴの臭い

まず初めに、アセトン臭の特徴についてご紹介します。アセトン臭と聞いて、あ、あのにおいか~。と、すぐにピンッとくる方はそう多くはないはずです。アセトン臭とは一般的には腐ったリンゴの臭いと比喩されています。そのほかには、柿が腐ったようなにおいとも表現されることもあります。果物のにおいと聞くと、一見良いにおいなのでは?と、思う方もいるとは思いますが、甘酸っぱい腐敗臭は決して良いにおいとは言えないでしょう。

どんな原因が考えられる?

糖尿病によるもの

まず、冒頭でも書いたようにアセトン臭の原因は体内の血液中にあるアセトン体が何らかの異常で、うまく代謝されずにありとあらゆる場所から一緒に出てしまうために起こります。(主に口臭)エネルギー不足などが原因で、体内のブドウ糖が少ない場合などに体が危機を感じます。そうするとアセトン体を大量に体内で生成してしまいます。糖尿病患者にも同じことが言えます。

糖尿病は、決してエネルギー不足ではありませんが、糖尿病になると体内のブドウ糖をうまく活用できなくなってしまい代用としてアセトン体を活用していると言われています。なので、アセトン臭=糖尿病と言われています。

ダイエットによるもの

先ほどご紹介した通りブドウ糖の不足が原因となるので、過度なダイエットをするとアセトン臭がする原因になってしまします。流行りである炭水化物抜きダイエットなどの糖質制限をして食事するというダイエットを実施しようとしている方は、特に危険です。痩せてきれいになりたい気持ちはわかりますが、きれいになりたいのにそれが原因で体が臭くなってしまったら意味がありません。無理なダイエットは控えましょう。

ただ、ダイエットのブドウ糖不足が原因の場合体はいたって健康なので、アセトン体を代謝するように体が慣れてくれます。だからといって無理は禁物です。

肝臓の疾患によるもの

肝臓の疾患は、肝脂肪、肝炎、肝硬変、肝臓がんなどの様々なものがあります。肝臓の機能が低下すると胆汁を生産したり、栄養素の貯蔵、胆管、胆のうから十二指腸に排泄する役目がうまくできなくなってしまいます。炭水化物や脂質の代謝なども肝臓が担っています。

代謝をつかさどる臓器なだけにさまざまな体臭の原因となる物質を代謝することができなくなり、血液中に体臭の原因となる物質が混じってしまいます。そこでアセトン臭につながるわけです。肝臓の機能が低下すると、ホルモンバランスが崩れてしまい。唾液の分泌も減ってしまいます。唾液は口の中の殺菌とともに、口臭を和らげてくれる働きもあるので、アセトン臭のほかのにおいもしてしまいます。

子供の場合こんな病気の可能性も

小児糖尿病の可能性

糖尿病と言え子供には無縁だと思われがちですが、インスリンを生成する能力が低下したりなくなってしまう糖尿病はむしろ子供に多くみられるのだそう。大人に多くみられる糖尿病はインスリンの分泌の仕方が悪くなる、インスリンの効果が見られなくなることで起こるのだそうです。小児糖尿病とは乳幼児にも見られます。発症のピークは10~15歳にあるのが特徴です。

小児糖尿病は、発見が遅れると食欲の低下、昏睡状態に陥り、最悪の場合は死の危険があるらしいので大人よりも注意が必要です。体臭も気になるところですが命あっての心配なので気を付けて子供を見てください。

アセトン血性嘔吐症の可能性

糖尿病なんて子供には無縁なんて思っている方が多いと思いますが、子供の場合には糖尿病以外にも原因があります。それが「アセトン血性嘔吐症」です。年齢としては、2~6歳の子供に診られるとのことです。顔色が悪くなったり、ひどい嘔吐感にみまわれ吐いてしまうことから低血糖になってしまうケースがあり、口臭がアセトン臭になってしまうようです。

脱水症状を起こすこともあるようなのできをつけたいところです。原因がはっきり解明されていないため、少しでも様子がおかしいと感じたらすぐにお医者様に診てもらってください。

におい対策はどうする?

まずは病気治療をする

当然のことながら病気が原因で体臭がアセトン臭になっている場合は、まずは病気の治療が最優先です。健康であってこその体臭云々なので、ご自身の体のことを一番に考えてくださいね。ダイエットの時と同じように、健康であれば体が代謝することを覚えてくれるので病気の治療が体臭改善の第一歩ともいえます。

体臭を気にするばかりで、治療そっちのけでいると大変なことになってしまいます。そう考えると人間の体というのは絶妙なバランスで成り立っているものだと実感します。一つ何かが欠けてしまったとしたら、生活に支障が出てしまったりもします。なので健康でいられることに感謝して過ごしていきたいですね。

無理なダイエットはやめる

体臭もきつくなったり体調を崩したりすることもあるので、過度なダイエットは禁物。しっかりと自己管理をしたうえでダイエットを実施してください。ダイエットと言えば女性の方の多くが行うことだと思います。女性で体臭が臭うというのは、最悪と言ってもいいぐらいにありえません。男性でもありえませんが、女性は良いにおいというイメージがあるので、男性よりも幻滅されてしまう度合が違うでしょう。

アセトン臭の小さな疑問

ケトン臭との違いは?

結論から先に言わせていただきますと、アセトン臭とケトン臭に違いはありません。原因となるアセトン体はアセト酢酸とD-3ヒドロキシン酢酸の総称であり、別名ケトン体と呼ばれています。ケトンの構造式は、R-C(=O)-R‘であらわされ、R、R‘が‐CH3の場合にアセトンとなるので、どちらも同じ匂いのことを指示しています。

尿もアセトン臭になる?

口臭に一番影響を及ぼすアセトン体ですが、ひどいときには尿にまで影響します。糖尿病患者の尿を検査するときにアセトン体(ケトン体)がどれだけ含まれているかを調べるらしいので、確実ににおいがするわけです。無理なダイエットが原因でにおいがしている場合は、アセトン体(ケトン体)が糖尿病の患者と比べて極めて少ないためにアセトン臭(ケトン臭)になることも少ないです。なので尿がアセトン臭(ケトン臭)のような、甘酸っぱいにおいがしたら糖尿病の可能性が高いので、早めに検査をしましょう。何事も早いうちがベストなので、放っておかないようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?今回は、糖尿病患者には多く知られているアセトン臭(ケトン臭)についてご紹介しました。意外と気づかないでいる方も多いようなので、ご自身に当てはまらないかチェックしてみてください。

当てはまってしまった方は一刻も早く解決に向けて努力するようにしましょう。体臭を抑えることはエチケットなので、なるべく放っておかずにこのまとめを見て改善していただける方が多くいるとうれしいです。

-健康
-

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.