心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ




健康

何もしたくない甘えは心の病気かも?うつとの見分け方と8つの克服法

更新日:

「何もしたくない甘え」は、どんな時のことを言うのでしょうか。これはそもそも甘えなのでしょうか。実は、何もしたくない甘えではなく、うつなどの心の病気かも知れません。見分け方と克服法を探っていきましょう。

何もしたくない甘えを持つのは悪なのか

「何もしたくない甘え」が芽生えるのはどんな時でしょうか。面倒な時?だるい時?人生において、たまにありますよね。「何もしたくない甘え」なだけで、嫌々でも出来るうちは良いのです。これが「何もしたくない甘え」どころではなく、本当に何もやる気が出ない時はどうでしょうか。

これは甘えではなく、心の病気でもある「うつ」なのかも知れません。「何もしたくない甘え」は単なる甘えなのか、病気なのか…見分け方と「何もしたくない甘え」の克服法を考えていきましょう。

まさか、うつ?何もしたくない甘えの正体

「何もしたくない甘え」って、本当に甘えなのか、心の病気なのか、見分けがつきにくい所が難点ですよね。どういった点に注目すれば、見分けがつくのでしょうか。「怠慢」と「病気」の境目を一緒に考えていきましょう。

やる気がない?わがままだと思われる

日本人はもともと真面目で勤勉ですね。我慢することや弱音を吐かない、愚痴を言わないことが美徳と言う文化も根強く残っています。ですから、弱音や愚痴に対しては「何もしたくない甘え」ととらえられてしまいがちです。辛くても我慢するのが当たり前と言ったところでしょうか。

確かに「面倒が嫌・楽をしたい」が優先された考え方では「何もしたくない甘え」だととらえられても仕方ありません。人生において嫌でもしなくてはならないこと、面倒でも避けられないことってたくさんありますね。気持ちが一時的だったり、体調にも悪い症状が出ていないのなら、気持ちの問題なのでしょう。

まさか、うつの症状と似ている

うつの症状とは

「気分が滅入る」「やる気が出ない」「食欲が増減する」「不眠に悩まされる」と言うのは、人間だれしも経験があるでしょう。それに加え「死にたいと思う」「会話が上手く成立しない」などの症状が出てきたら、要注意です。

そして、このいくつかの症状が「理由が見当たらない」「長期間継続している」「日常生活に支障をきたす」レベルになると「うつ」を疑った方が良いかも知れません。

似ているけど、うつではない

「何もしたくない甘え」のような症状が出るのは、うつだけではありません。甲状腺ホルモンなどの異常、その他重い疾患でも症状が出るのです。確かに体調がすごく悪い時は、何もしたくないと言う心境になるのは不思議なことではありません。

体調にも問題がありそうなら、やはり専門機関を受診することをおすすめします。嫌な出来事があったから、辛い目に遭ったから、病気だからと言う理由があるのなら、うつではありません。

何もしたくない甘えの克服法8つとは

「何もしたくない甘え」のような症状は、うつや病気であっても「怠慢」「やる気がない」と誤解されてしまいます。この状況を少しでも打破出来るならしたいですよね。何もしたくない甘えの症状の克服法を見ていきましょう。

勇気を持って一度休んでみませんか?

現代の日本社会において「休む」行為こそ「怠慢」であり「悪」であるようにとらえられてしまいがちですが、やはり心に余裕がない時に無理をすると、うつへと発展しかねません。休むことが無理なら「今出来ること」だけをするようにしましょう。

少し休めると、自分の状況を見つめ直すきっかけになりますし「しなければならないこと」「しなくてもいいこと」「やめた方が良さそうなこと」が見極められるでしょう。

肝心!相手に理解してもらう努力を

「何もしたくない」と言う状況でいる人を見るとどうですか?当然「怠慢」「何もしたくない甘え」を持っているとしか感じないのではないでしょうか。自分は甘えのつもりがなくても、周囲から見ると「甘え」にしか見えないのは仕方ありません。

今自分が感じていること・なぜ嫌だと思うのかなどを相談するのも1つの選択肢です。もしかしたら、置かれている状況が自分にとって負担すぎる・理不尽すぎるのかもしれません。

「あなた」二人称で自分へ呼びかける?

米大学の研究で、人は何らかの行動を起こすためにやる気を出したいときは「自分・私」の言葉を使うより「あなた・お前」のような呼びかけでアドバイスをされることを好み、自分に対しても「あなたなら出来る」と言う呼びかけをすることで成果が向上することが分かりました。

「何もしたくない甘え」の症状が、まだ軽いなら、この方法を試すと良いかも知れません。確かにこの方法が自分の心には響く気がしますね。

ビタミンDなどが大事・日光浴をしよう

日光浴が心身にとても良いと言うことは有名です。脳が刺激されてセロトニン分泌が行われ「リラックス・休息の」副交感神経が優位になります。そして体内時計がリセットされることで、睡眠の質が上がり、ストレスや疲れを解消しやすくなります。

また日光浴によって体内で生成されるビタミンDも、近年うつに効果がある事が分かってきました。何もしたくない甘えの症状があっても、数分でも良いから外出するようにしましょう。

ウォーキングで体も心も軽やかに

「何もしたくない甘え」の症状や「やる気が出ない」症状は、セロトニン不足が考えられます。運動をすることでセロトニンを分泌を促す方法があるのですが、いきなり運動と言われても辛いですね。はじめは簡単にウォーキングからスタートすると良いと思います。

体も温まり、免疫力アップも期待できますし、心身ともに健康になれる方法でもあります。散歩気分で歩けば、気分転換にもなりますし、是非おすすめします。

健康の基本!食事を改善しよう

人間の健康には食生活の内容が大きく影響しますが、これは体に限らず心にも影響するのです。幸せ・やる気物質セロトニンを作るのには、タンパク質をビタミンミネラルとともに、しっかり摂る必要があります。女性に不足しがちな鉄分もうつやプチうつに影響していると考えられています。

不規則な時間や食事内容では、心身ともに不調をきたします。「何もしたくない甘え」の症状が出ても、食事だけは皆さんしますよね。その食事内容だけでも栄養バランスが摂れるように見直したいものです。

とりあえず簡単なこと1つから始めよう

「何もしたくない甘え」の症状や「やる気が出ない」症状でも、とりあえず「簡単なもの」を「1つでも良いので」「ゆっくり焦らず」「完璧にしようと思わず」始めることから挑戦してみましょう。1つやり出すと、少しずつやる気が出ることがあります。

皆さんは会社に行きたくないと思いながら出社したら、思ったより問題なく1日過ごせた経験がないでしょうか。実際、考えるより行動に移すことが良いのです。

うつの疑いなら心療内科を受診しよう

何をしても「何もしたくない甘え」の症状が治まらない時は、かなり心が重症なのかも知れません。この症状がしばらく続くときは、迷わず心療内科を受診してください。心療内科は行きづらいイメージですが、自分が壊れる前に、専門家に相談することが重要です。

自分1人で抱え込まずに、人を頼る勇気も必要ですよ。

何もしたくない甘えが出たら要注意!

いかがでしたか?何もしたくない甘えと、うつの見分け方・克服法をご紹介してきました。「うつ」と「怠慢」が一見症状が似ていることもあり、誤解を受けやすいですね。自分を責めていた人は、今日から少し考え方を変えてみてください。

何をやっても改善されない時は、1人で抱え込まずに、心療内科を受診してくださいね。

(3,101文字)

-健康

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.