心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ




心理

別れたあとの男の心理とは?何を考えている?ベールに隠された男の心理とは?

更新日:

大好きな彼氏との別れはとてもつらいもの。生活のすべてを彼氏と共有していたのならなおさらです。ぽっかりと空いた心のすき間に思わず「元彼」に会いたくなってしまいます。今彼はどこで何をしていて何を考えているか、そればかりが気になって仕方ありません。でも別れたあとの男の心理とはいったいどうなんでしょう?男性心理は謎だらけ、今回は「別れたあとの男の心理」を探ってみたいと思います。

考えても分からない!謎だらけ!?別れたあとの男の心理について教えて!

別れたあとの男の心理ってなんだろ?別れたあとの男性は何を考えているのでしょうか?それは「別れ方」によってまったく異なります。どちからかが一方的に「別れたい」と切り出したのなら、切り出された方は寝耳に水で、ただただ驚くばかりでしょう。

彼氏の方から別れを切り出したのであれば、おそらく「やれやれ」といった感じでスッキリした気分でいるでしょう。女性側から切り出された別れであれば、男性はきっと「最悪な気分」でいるはずです。別れ方ひとつでまったく対極な感じ方ですよね。

どちらかの一方的な宣告ではなく、お互いに「一緒にいるのが合わない」と感じ始めたときなど、どちらからともなく「もう会うのはやめよう」という雰囲気になる場合もありますよね。一緒にいるときにケンカが絶えなかったり、つまらなすぎたりしたときも別れる原因となります。

また男性に別の女性の影が見え隠れするときは、元カノのあなたはさらに彼が何を考えているのかまったく理解できない状況に陥ります。見えない敵にあらがうか、まったく力を無くすかのどちらかでしょう。

別れたあとの男の心理とは?

別れたあとの男性は意外にもズルズルとあとを引きずります。生活のあらゆるシーンで何かにつけ元カノを思い出してしまいます。特に寝る前や休日は思い出すパターンが多く、普段仕事で忙しくしているときは忘れていても、ポカンと空いた一人の休日には手持ち無沙汰を感じるものです。

これに対し、一般的に女性の方は一刻も早く忘れようとする強さがあります。別れた直後は現状を受け入れるのに必死ですが少しづつ立ち上がろうとし、気を紛らわすことを見つけ行動に移す努力をします。男性はいつまでも別れた女性に対する思いを持ち続けるのが特徴なのです。

しばらく一人になりたい

「しばらく一人になりたい」と考える男性は、「付き合っていた女性に仕切られていた」可能性が高いとみられます。休日のスケジュール管理から、食事、生活のあらゆることまですべてにおいて管理されていたことに対し、もしかすると窮屈に感じていたのかもしれません。

個々の性格にもよりますが、お世話大好きな尽くすタイプの女性は「いろいろやってあげることが生きがい」なのです。しかしそのお世話が男性によっては「縛られてる」と感じることがあるようです。せっかくやってあげてるのに、と彼女から不満が起き、いさかいになるのもこのカップルのパターンです。男女関係の行動バランスはとても難しく特に男性の場合、限界を越えると必然的に「一人になりたい」と思ってしまいます。

良い思い出にしたい

付き合い初めのアツアツの頃は、何をしてもドキドキハラハラ刺激的で新鮮なものでした。ところが何年もたつうちに、だんだんお互いの不満が口をついて出るようになり、ついには「会うたびにケンカ」なんていうことに。これでは会う意味も会える楽しみもなくなりますよね。

幸せそうに笑う彼女が好きだったのに、今では怒っているときの方が多い、という印象がカレにあるとしたらもうそれは男性の中での付き合いは終わっています。「良い思い出にしたい」と思ってしまうのは、今後さらに良い関係が築けないことを察知しているのです。

繋ぎとめておきたい

あれだけもめた別れ話のあとに、なぜ元カレが再び甘い言葉や態度でアプローチしてくるのでしょう?男性は女性の優しさ、柔らかさ、甘い香りに癒されています。男性にとって独占できていた女性からもう優しくされないのかと思うと一抹の寂しさを覚え、やはり「もう一度優しくされたい、繋ぎとめておきたい」という思いがつのります。

この状況、女性にとってはとても理解しがたい部分です。しかし何か大きな問題がない限り、元カレとの付き合いは楽ですよね。気持ちの整理がつく前のこの元カレの甘い言葉と態度は、いったん別れてもすぐに元通りに付き合いを再開する「モトサヤ」を起こしやすいのです。

復縁を望んでいる

彼が復縁を望んでいるかどうか?それは新しい彼女ができていない限り、答えは「イエス」です。どんなつわものでも「女性との付き合いを面倒だ」としか思えないような人以外は、女性に優しくされたいものです。その判断基準は女性からのアプローチにかかっています。

大げんかしたあとの別れであれば少々気まずさが残りますが、さりげなくいつもの通りに連絡が取れればあとは「復縁」まっしぐら。別れを「無かったこと」にできます。こんな風にくっついたり別れたりを繰り返しているカップルはとても多いかもしれませんね。

自分が許せない

男性の心の中になにか葛藤があるとしたら?本人から直接聞くのでない限り、推測に過ぎませんがその葛藤は「自分らしさ」の欠如にあります。例えば口論でよく彼女を泣かせてしまうとか、彼女に押し切られてあいまいな返事をしてしまうとか。

特に結婚の話が出たときは微妙な段階に入ります。結婚話は男性より女性の方が積極的な場合が多いもの。男性にもし結婚する意志があまり無く、いつも先延ばしにしていたとしたら、すぐにでも結婚したい女性とは真っ向から対立します。彼女のことは好きでも結婚はまだ先、ときちんと言えない自分が許せずそこから別れが生じたのかもしれません。

別れた後に連絡してくるのは?

別れたあと、しばらくはなにも連絡がないかもしれません。連絡が途絶えたスマホの画面を見るたびに寂しさがこみあげます。「別れたんだもの、当たり前!」…と、思いきや、突然の元カレからのメール。思い切り舞い上がりますが、なんだかそっけない。これってなんなの?

寂しいから

それ相応に付き合いがあったカップルですから、もともと相性は良いのです。気の置けない話をしたり、お互いの共通の知人の話など、連絡を取り合いたいときは別れたあとでも必ずやってきます。別れたとき傷つけあっていなければ、すぐに連絡が来るかもしれません。それはついこの間まで彼女だった「あなた」にしか話せないことですから。

人は寂しいとき、その寂しさを一人で埋めることはなかなか難しいものです。楽しかったひと時を再び再現したいなら、時間はかかっても迷いなく連絡をしてくれるはずです。

彼女がいないから

お互い干渉なしの生活に入り数ヶ月。長いこと連絡を取り合わずに元カレは元カレの人生を歩んでいるようです。しかしこのタイミングで連絡を入れてくるということはまず100%「彼女がいない」と思って間違いありません。

もし彼女ができていたとしても、あまり相性が良くなかったりする場合も考えられます。お付き合いは相手がいることですから、今現在もしあまり好きになれない人と付き合っているとしたら連絡を入れてくるかも。

カラダ目的

ロマンチックな関係にあった場合その関係も別れとともに終わるのは、とても寂しいことです。カラダの相性も良かったとしたら、今後また相性が良い人と巡り合うかどうかも分かりません。しかしちょっと連絡を取ってみてまた会えるのであれば、以前と同じ関係に戻れる可能性もありますから元カレにとってはテンションが上がりそうです。

男女関係のお付き合いはすべてをひっくるめ「受け入れられるか、受け入れられないか」です。長いお付き合いの間にはいろいろありますが、相手はもとより自分をよく知るための手段としての「カラダの関係」はもっとポジティブにとらえてもいいかもしれません。

別れた後でも復縁を望む場合は?

冷却期間をもつ

別れに際し、少しでも感情的に揺さぶられるシチュエーションがあったとしたら、ぜひそれは「冷却期間」を置くべきです。冷却期間を置くことで高まった感情が静まり、物事を冷静にとらえることができます。「別れることが結果良かったこと」と思えるようになれれば、冷却期間は大成功です。

問題は解決するためにあります。男女関係において問題は山積みになりがちですから、根気よくひとつづつ解決していく必要があります。問題を解決するには「感情」を鎮めなければなりません。冷却期間を置くことでステップアップした自分を実感できるはずです。

一人よがりにならない

「カレが何を考えているかよくわからない」という悩みがあるとき、それは「一人よがり」になっている可能性大です。常に女性優位で行動しているため、男性は問題を避けるために、聞き分けのよいイエスマンになってしまっていることも考えられます。

「一人よがりになっているのかどうかがわからない」というとき、カレの聞き役に回ってください。彼がどうしたいのか?彼の気持ちをくんでいろいろな話を聞いてあげましょう。今まで何かを決める決定権が常に女性にあったなら「どっちでもいいよ」というカレの気持ちに同意してください。

良い友人になる

甘い関係だった二人が「普通の友人になる」とはにわかに受け入れがたいことです。しかし、甘い関係が破たんしてしまったかもしれないとき、次なるステップは「友人関係」です。しかしこれには少々時間がかかりそうですね。

「男女関係の一番ベストは親友になること」という説もあります。その人のことが大好きで信頼をもってお互いに高めあうことができる関係。それが親友です。これはあらゆる障害を乗り越えた二人だけが到達できるサンクチュアリかもしれません。

自分を磨く

付き合っていたころは常にカレのことばかり考えていたかもしれません。カレに可愛いねと言われたい、カレが気に入る服を買い、カレの誕生日にはサプライズをして…。もちろん自分磨きもしていたことでしょう。それも「カレ氏のために」。

さて今度は自分のために自分磨きをしましょう。自分が本当にやりたいことをやり、食べたいものを食べ、頭の中や細胞の一つ一つに住み着いていたカレのすべてを取り除いていきます。カレのために動いていた自分が今度は自分のために動くことで、あなた本来の輝きに満ちてきます。

新しい出会いも必ずある!

別れたあとの男の心理について幅広く解説してきました。別れたあとの男の心理を考えても本当の答えは分からないものです。別れたあとの男の心理を考えるより、これからのことを考えましょう。

別れを経験すると「もう二度と恋なんかしない!」と決意してしまいますが、自分磨きをしているとだんだんと「明るい気分」でいられるようになります。なにより魅力的に輝くあなたを周囲の男性が放っておかないのです。ステップアップしましょう。新しい出会いはすぐそこまで来ています。

(4,445文字)

-心理
-

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.