心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ




健康

【アルギニンの副作用】マカやクラチャイダムにも含まれるその効果とは?サプリの摂取量や飲み方は?含有食品も紹介!

投稿日:

アルギニンを服用前に副作用については理解されていますか?アルギニンには精力増強、筋肉増強、ダイエット、美容効果と男性にも女性にも嬉しい効果があるのですが、実は副作用もあるのです。その副作用を理解した上で服用できるよう、アルギニンの副作用について解説していきます。

アルギニンに副作用はあるの?

アルギニンは体内で合成できるアミノ酸なのに、サプリメントで摂取すると副作用があるなんて…と思われたでしょうか?薬でもサプリメントでも過剰な摂取は副作用があるものが多いのです。アルギニンには老若男女問わず、嬉しい効果があるので、愛用者は多いようです。

しかし、飲み方、飲む量、他の薬剤との併用しだいでは副作用が出たり、命に関わる事態にもなりかねません。アルギニンについてもう一度確認してみましょう。

アルギニンとは?

アミノ酸の一種

アルギニンは、アミノ酸の一つで体内で合成して作り出すことができるので、非必須アミノ酸とされているます。しかし、特に成長期の子供の場合は必要量を作り出すことができないので準必須アミノ酸ともいわれており、食事やサプリメントで補給する必要があります。

成人でもアルギニンが足りていない場合が多いので、意識して食事やサプリメントからの摂取をしたほうが良いかもしれません。

アルギニン不足では死に至るようなことはないのですが、アルギニン不足はメタボリック症候群や生活習慣病にまで発展し、その習慣病は勃起不全(ED)の症状にまで進む可能性もあるのです。

アルギニンには男性の生殖器の機能低下に非常に効果があると言われているので、精力剤としてアルギニンを摂取するなら、精力剤として有名なマカより2倍のアルギニンの含有量を誇るクラチャイダムがおすすめです。

こんな食品に含まれている

アルギニンは肉類、大豆類など、タンパク質を多く含む食品に含まれています。ダントツで含有量(100グラム当たり)が多いのが豚ゼラチン(7900ミリグラム)です。豚ゼラチンを最も含むのは豚足です。

見た目が豚の足そのものなので、好みが分かれるでしょうが、アルギニンをとても多く含んでいることは確かです。もし、豚足だけは食べられない…という人でも、豚ロースや牛ひき肉でも1300ミリグラム含まれているので、豚足が食べられなくてもアルギニンを補給することができます。

他には、干し湯葉(4400)、かつお節(4300)、乾燥高野豆腐(4100)、落花生(3200)、ごま(2700)乾燥大豆(2700)、くるみ(2200)、アーモンド(2100)、くるまえび(2000)、しばえび (1700)、油揚げ(1600)、鶏むね肉皮なし(1500)、しゃこ(1400)、クロマグロ(1400)に多く含まれています(100g中の含有量。単位はすべてミリグラム)。

注意したいのが、干し湯葉、乾燥高野豆腐、干し大豆などは乾燥した状態での含有量であり、これら100グラムを水で戻すと相当な量になるので、あまり現実的でないかもしれません。

こんな効果がある

同じアミノ酸でもオルニチンの肝機能改善効果は有名ですが、他に成長ホルモン分泌作用による筋肉増強効果、ダイエット効果、美肌効果、アンチエイジング効果、免疫力の強化に役立つことがわかっています。

しかし、アルギニンにあるような、血管の若返りや血流促進、インシュリンの働きを向上させたり、骨の強化、タンパク質の糖化防止、抗酸化作用、学習能力・記憶力低下予防などの効果は期待できません。

しかも、オルニチンは代謝されてアルギニンになることがわかっています。オルニチンとアルギニンのどちらのサプリを摂るか悩んでいるとしたら、迷わずアルギニンサプリを選ぶべきでしょう。そして、これもまた同じアミノ酸のサプリメントですが、シトルリンはアルギニンの効果を増強させることが分かってします。

摂取量の目安は2g~4g

アルギニンは成人でも不足がちな栄養素であるのですが、体内である程度は合成できるため、厚生労働省による食事摂取基準には含まれていません。しかし、サプリメントメーカーなどが推奨しているアルギニンの摂取量は2000~4000グラム、つまり2~4グラムとしているところが多いようです。

インターネットで調べてみると、「1日に20グラム摂取することを推奨」とあったり「1日8グラム以上」など様々な情報があります。しかし、年齢や体重、アルギニン摂取の目的によっても摂取量の目安が変わってきます。

また個人によってアルギニンの合成能力もかわってきます。アルギニンを合成能力がある人が、食品やサプリメントからアルギニンをたくさん摂取してしまうと過量となり、副作用が出やすくなってしまいます。

外部からの摂取量は、体内での合成される量も加味して過剰になってしまわない量に留めておくべきでしょう。そういった意味で1日2~4グラムを推奨していることころが多いのだと思われます。

アルギニンは空腹時に吸収されやすいので、空腹時の摂取がおすすめなのですが、空腹時なので、一気に多く摂取してしまうと副作用が出やすいようです。2~4グラムを空腹時に2~3回に分けて飲むと良いでしょう。

アルギニンの副作用

胃痛・下痢などの胃腸障害

胃には強酸性である胃酸があるのですが、この胃酸に胃壁がやられてしまわないように胃粘膜からアルカリ性の粘液を出して胃酸から胃壁を守っているのです。

強アルカリ性のアルギニンサプリメントを服用することで胃酸(酸性)と胃粘膜(アルカリ性)のバランスを崩してしまうことになり、胃痛や下痢などの胃腸障害が起こることがあります。

アルギニンの強アルカリ性を中和するようにクエン酸が配合されているアルギニンサプリメントもあるようですが、クエン酸が含まれるオレンジジュースやフルーツジュースと一緒に飲んでも良いそうです。しかし、ダイエット目的でアルギニンを服用している人にはおすすめできません。

ジュースに含まれる果糖は血糖を一気に上昇させるので、すぐにエネルギーに変えて消費しないと皮下脂肪を蓄えてしまうことになりかねません。1日量を分けて摂取すれば胃腸への負担は少ないので、よほど多い量を一気に摂取する場合以外、心配はいりません。

頭痛

アルギニンを摂取することで頭痛が起こる場合があります。これはアルギニンの血管拡張作用によるものと考えられています。偏頭痛のように脳の血管が一気に拡張することで、血管の周りの神経が過敏に反応して炎症を起こしてしまうのです。その結果、頭痛を感じるのです。

アルギニンを過剰に摂取した場合に出る副作用なので、1日4グラム程度の摂取量では問題ないとされていますが、耐え難い頭痛が出る場合は服用を中止した方が良いでしょう。

眠気

眠そうにしている子供の手は温かくなっていますよね。大人でも眠くなると手や足の抹消血管が拡張し、皮膚温が上昇します。この上昇の大きさと眠気の強さが比例するそうです。

脳の温度(深部体温)を積極的に下げしっかり休ませるシステムが睡眠です。アルギニンには血管拡張作用があるので、同じようなことが起こり、眠気が出るのだと考えられます。

1日4グラム程度の服用では問題ないとされていますが、個人差があるので、車の運転や仕事などに差し支えるような眠気がある場合は服用を中止したほうが良いでしょう。

摂取を控えた方が良い人

ヘルペスが出来ている人

アルギニンがヘルペスウィルスを増殖させ、ヘルペスを憎悪させることがわかっています。ヘルペスとは単純疱疹や帯状疱疹を指し、小水疱(小さいみずぶくれ)を伴う急性炎症性皮膚疾患のことです。

アルギニンは体内でも合成されているので、アルギニンをゼロにすることはできないのですが、外部から摂取することは避けたほうが良いでしょう。

統合失調症の人

統合失調症の患者の約4割で、血液中の「ペントシジン」という物質の濃度が高くなっていることが分かっています。

ペントシジンとは、アミノ酸の一種であるリジンとアルギニンが五炭糖と反応してできるAGEs(身体の様々な老化に関与する物質)の一種で、このペントシジンが高ければ高いほど、統合失調症の治療で使われる向精神薬が効きにくいそうです。そのため、統合失調症の人はアルギニンの外部からの摂取をしないほうが良いとされています。

薬を服用している人

アルギニンとの併用により、抗血小板薬・経口抗凝固薬では薬の効果が減弱したり、紫斑(青あざ)や出血が生じる可能性があります。また、高血圧治療薬では降圧作用が増強する恐れがあります。糖尿病治療薬でも作用が増強し、血糖が下がりすぎてしまうことがあります。

心臓疾患がある場合や高血圧、糖尿病などは,、治療でコントロールがきちんとできていないと命に関わることがあります。これらの薬を飲んでいる人は必ず主治医に相談しましょう。これ以外にも持病で薬を服用している人は医師に相談した方が良いでしょう。

子供が摂取しても良いの?

基本的には問題なし

子供の体でもアルギニンは体内で合成されているので、基本的に子供でもアルギニンの摂取は問題ありません。子供にアルギニンをサプリメントで摂らせたい親御さんの理由で多いのが、「身長を伸ばしたいから」だそうです。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させる効果があるのですが、成長ホルモンが多ければ多いほど身長も伸びると考えてはいませんか?実は成長ホルモンだけでは身長を伸ばす条件が足りません。

成長期のお子さんに必要なのは、タンパク質やカルシウムなどのバランスの良い食事と運動、それに睡眠です。身長が伸びるかどうかの遺伝情報も関わってくるでしょう。

アルギニンで成長ホルモンの分泌量が増えることはわかっていますが、アルギニン摂取で身長が伸びたという文献はないそうです。

アルギニンは身体を構成する上で大事なアミノ酸なので、子供にアルギニンを摂取させることは問題ありませんが、長期にわたっての摂取は「絶対に安全」とは言い切れないということを念頭に摂取させてください。ぜんそくやアレルギー体質のお子さんは特に注意が必要でしょう。

まとめ

アルギニンについてや、その副作用について解説してきました。アルギニンには魅力的な効果が沢山あるのですが、摂取量を増やせば早く効果が出るというわけではありません。継続が大事なのです。せっかく飲むならアルギニンの副作用が出ないように飲みたいですよね。

過剰な摂取量にならないように気をつけることと、アルギニンの愛用者の多い中高年の方は、他の持病で服薬している人も多い年齢層です。勝手に判断せずに必ず医師に相談してからアルギニン摂取をするようにしてください。

(4,342文字)

-健康
-

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.