心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ




心理

【強い男が好き】女性が思わず好きになる強い男の”10の特徴”を教えます!

投稿日:

草食系男子という言葉やその存在が定着してから早数年。強い男はもう古い?とお思いの方もいるかもしれませんが、まだまだ強い男が好き!という女性は多いのです。こちらでは、女性が思わず好きになってしまう、強い男の10の特徴をご紹介いたします。

強い男が好き!

最近ではすっかり、草食系男子という言葉が浸透しています。それ程、ガツガツしていない、草食系な男の子、男性に人気があるという事ですよね?肉食系はもう古いという人もいるかもしれません。でも、実はまだまだ強い男が好き!という女性は多いんですよ。

いえ、実際には、「草食系もいいけれど、やっぱり頼りがいがある肉食系の方がよかったわ!」なんていう女性が多いから、見た目は草食系で中身は肉食系の“ロールキャベツ男子”なる言葉ができたのかもしれません。「ハプニングがあった時に、私を置いて逃げ出した」や「いざというときに、まったく頼りにならない」ということから、次に付き合うなら絶対に強い男が良い!という人もいるようです。

こちらでは、思わず女性が好きになる“強い男性の10の特徴”をご紹介いたします!

強い男性の特徴10選

世間では草食系男子がもてはやされていますが、まだまだ強い男が好き!と言う女性も沢山います。では女性たちは、いったいどんな男性を“強い男性”と思うのでしょうか?そして、どんなところにキュンとくるのでしょうか?こちらでは強い男性の特徴をご紹介いたします。

特徴1.強い男は喧嘩が強い!

特徴1は、文字通りの強さ、すなわち喧嘩が強い男性のことです。もちろん喧嘩が強くなくても精神面で強い男性はいるのですが、喧嘩が強いとより一層“強い男”感が増しませんか?

普段からちょっとしたことで怒って手を上げたり、話せば分かり合えることなのにそれをせずに手が出るような喧嘩っ早い人は嫌ですが、いざというときに守ってもらえるというのは、安心できるものです。街を歩いていて、絡まれないとも限りませんし、突然暴力的な事件に巻き込まれることもないとは言い切れません。

そんな時に、一緒に逃げ出してしまう人よりも、女性に危害を加えるものをバッタバッタとなぎ倒してくれるような人に心惹かれてしまうものです。実際に目の前で助けてもらったりしたら、一目ぼれしてしまうかもしれませんね。このように、喧嘩が強い男性も、強い男の特徴なのです。

特徴2.細かなことにこだわらない

強い男性の特徴として、“細かなことにこだわらない”大胆さが欠かせないのではないでしょうか?男性の強さには、生命力は欠かせません。古来より、男性は外で食糧となる獲物や植物を摂り、家族を養ってきました。そんな観点からも、生命力が強さになるのでなないでしょうか?

例えば、細かなことが気になりすぎる男性もいますよね?ちょっとでも人の手に触れたものは、口に入れられないだとか、少しでもほこりがあると落ち着けない、自分の想定外の出来事が起こると、オロオロしてしまい、いつもの力が発揮できないという事もあるでしょう。

もちろん清潔なのは良い事ですが、そのように細やかな神経では、この先社会の荒波を無事に泳ぎ切ることができるのだろうか?と少し不安になってしまいますよね。多少のことは気にしない、何があっても動じない。この人となら、無人島でも安心できるというような、細かなことにこだわらない、生命力を感じさせてくれる男性が、強い男性なのです。

特徴3.ストイックである

強い男性は、自分に対してとても厳しくストイックなのです。例えば仕事面でもプライベートでも、常に高い目標を掲げ、しかもそれに対して「目標ではない」と言い切る強さがあるのです。強い男性にとって、目標はすでに目標ではなく、ただ単に目の前にある“やるべきこと”なのです。

もちろん自分に対して甘えを見せません。今日は飲みすぎたら、予定変更してさっさと寝ちゃおう!なんてことはないのです。例えどれだけ飲みすぎたとしても、毎日1,000回の腹筋を自分に課していれば、寝る前には1,000回の腹筋をこなしてしまいます。

また、これらの基準を人に求めることもしません。何故ならストイックで強い男は、我慢してやっているのではなく、自分が思った通りに行動した結果ストイックになっているからなのです。相談されたり、聴かれれば、答えた内容がストイック寄りになっていることもあるでしょうが、基本的には自分のみに対して厳しく、ストイックなのが強い男の特徴なのです。

特徴4.自分にも他人にも言い訳をしない

強い男性はストイックであるという点と少し重なる部分もありますが、強い男性は他人に対してのみならず、自分に対しても言い訳をしません。言い訳をするというような事態が起こったとしても、内容や反省点をじっくり考えて、対策を練ることに労力を使います。

だれか他の人のせいにしたり、どうすれば自分の責任ではないと思ってもらえるかなどという無駄なことにエネルギーを使わないのです。強い男性は、自分だけが良く思われればいいという考えはなく、どうすれば常にベストを尽くすことができるのかに重点を置いています。

強い男性にとって、言い訳とは最も情けない事であり、何の問題解決にもつながらない意味がないものなのです。もちろん、自分に対して甘えを見せることもありませんので、自分に対しても“決めたことをやらなかった言い訳”や“失敗してしまった言い訳”をすることもありません。

特徴5.常に向上心を持っている

「現状維持は衰退と同じ」という言葉を聴いたことがあります。強い男性は、常に向上心を持って、物事に取り組んでいるのではないでしょうか?同じ場所にいると、いつしかそこに心地よさを感じてしまいます。その場をコンフォートゾーンと言い、その場にいれば安心して過ごすことができるのです。コンフォートゾーンから出たくない、抜け出せないという気持ちは、自分の安全のために脳の機能として当然のことであるので仕方がないのです。

でも、同じ場所ばかりにいて成長することができるのでしょうか?できても現状維持が限界ではないでしょうか?常に向上心を持って、少しでも良くなろう、いい方向へ進もうと思えば、コンフォートゾーンから出ることが大切です。現状に満足することなく、新しい一歩を踏み出し、チャレンジすることが大切なのです。

コンフォートゾーンから出るということは、安全な安心できる場所から飛び出すという事なので、誰もが恐怖を感じるものです。でも、その恐怖に打ち勝ってこそ向上することができるのです。強い男性の特徴として、コンフォートゾーンから出ることを恐れずに、常に向上心を持ち行動することが挙げられるのではないでしょうか?

特徴6.いざという時に決断できる力がある

強い男性が好きという女性が多いのですが、その理由の一つに“頼り甲斐がある”という点が挙げられるでしょう。いざというときに、引っ張っていってくれる、意見してくれる、導いてくれる人に、女性は惹かれてしまうものです。そのため、強い男性の特徴のひとつに“いざという時に決断できる力がある”という事が挙げられます。

普段の、デートでは「どこに行く~?」「どこでもいいよ~」、「何食べたい~?」「なんでもいいよ~」という具合で、自分の意見がない人ね!と腹を立てていても、トラブルに巻き込まれたり、結婚などの人生をかけるようないざというときに、即座にビシっと判断してくれたら、頼りがいがあると感じるでしょう。

反対に、普段は俺についてこいタイプの男性でも、いざというときの責任が伴う決断ができなかったり、トラブルに見舞われると一目散に逃げてしまうような人は、強い男性とは言えないでしょう。

特徴7.自分の意見を持ち、他人に左右されない

強い男性の特徴として、自分の意見を持ち、他人に左右されないというものがあります。このように言葉にすると、「当然じゃないか!」と思うかもしれませんが、他人に左右されない、自分の意見をしっかり持って貫き通す自信がある、という人はなかなか居ないものなのです。

例えば自分の意見を持っていたとしても、自分以外の人全員が同じ意見だとしたら?もし1対1,000になったとしたら?それでも自分の意見を正しいと主張し続けることができるでしょうか?ついつい流されてしまうことも多いのではないでしょうか?

強い男性は、自分の意見を明確に持っているので、他人の意見を聴いたところで、理解はできても意見が変わることはありません。もちろん協調性が必要な場面もあるので、臨機応変な態度が必要になることもありますが、基本的には他人の意見に左右されることなく、自分一人でも貫く芯の強さを持っているのです。

特徴8.女性に優しく接することができる

真の強い男性は、女性に優しく接することができる人です。もちろん、女性のみならず、自分よりも“弱者”である、お年寄りや小さな子供にだって優しく接することができます。

よく、強い男の“強さ”をはき違えて、誰彼かまわず威嚇したり、客の立場で店員に対して横柄な態度をとったり、部下に対して強い口調で叱責することがありますが、これは真の強さとは言えません。自分よりも強い相手や目標に挑んだり、自分の信念を守るために戦うことは強さにつながりますが、時分よりも明らかに立場の弱い者に対して強く出るのは、弱い男の特徴と言えるでしょう。

ではなぜ、強い男性は弱者にやさしく接することができるのでしょうか?それは、自分が強いことをちゃんと認識しているからなのです。強いから威嚇など必要がありませんし、強いから弱いものを守るのは当たり前だと思っているのです。真の強い男性とは、女性や自分より弱い立場の人に優しく接することができる男性なのです。

特徴9.自分のことをバカにされても怒らない

強い男性の特徴として、自分のことをバカにされても怒らないけれど、自分が大切に思っている人やものをバカにされたらきちんと怒ることができるということが挙げられるでしょう。そもそも、バカにされて怒るのは、その内容が「当たらずしも遠からず」で、自分に自信がないからではないでしょうか?

例えば有名大学を首席で卒業した人に向かって「オマエは頭が悪い」と言ったとしても、言われた側は馬鹿にされたとも思わないでしょう。反対に、見当違いな発言をした人をかわいそうだと思うかもしれません。このように、自分のことをバカにされても怒らずに余裕で流せるという事は、自分に自信があるからできることなのではないでしょうか?自分に自信があるので、何を言われても気にしないのです。もし、言われた内容が本当のことだとしても、そんなことを言うヤツは放っておけばいいのです。

ただ、自分のことではなく大切にする人や、もののことをバカにされたら放っておくことはできません。そこで怒りを顕わにすることが、その人やものを守ることに繋がるからです。大切なものを守るために、きちんと行動を起こすことができる人が、本当に強い男性と言えるのではないでしょうか?

特徴10.自分にない特技を持っている

自分ができないことをさらっとやってくれたとしたら、女性はその人を強い男性だと思うでしょう。例えば、車庫入れで困っているときに、スッと駐車してくれたり、重たい荷物を持っている時に、軽々運んでくれたり、苦手な虫が出た時に捕まえてくれたなど。

男性側からすればどうってことないことでも、自分ができないことをやってくれたり、自分が苦手意識を持っていることを得意な人に助けてもらうと、頼り甲斐を感じてしまうものなのです。上で出した例も、中には苦手な男性もいるでしょうが、たいていの人は女性よりも得意とする人が多い分野ですよね?

もともと女性と男性では得意分野は違います。そもそもの基礎体力や筋肉量も違っているでしょう。内面の男らしさだけではなく、こういった面でも、女性は男性のふとした行動で強い男だと感じるのです。

強い男はバランスが大切!

強い男性の特徴を10個ご紹介いたしましたがいかがでしたか?これらをご覧いただくと、メンタル面でもその他の面でも、“強い男”になれることがお分かりいただけたと思います。もちろん、どちらか片方でもいいですし、もしかしたら“この面では強い”、“この面ではちょっと弱い”という事もあるかもしれません。

でもメンタル面でも体力面でもどちらでも強くなることができれば、最高に強い男になれると思いませんか?もし、強い男になりたいと思っているのなら、できることから少しずつ取り組んでみてください。きっとあなたも強い男になれるはずです。

(5,132文字)

-心理

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.