心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ




健康

生活リズムを改善しよう!試してほしい誰でもできるたった6つの改善法

投稿日:

毎日元気に活動できていますか?もしこの質問に首をかしげてしまうようなら、もしかするとそれは生活リズムの乱れが原因かもしれません。睡眠はとれていますか?食生活は?もし、毎日倦怠感が抜けず、だるくて辛い思いをしているなら、生活リズムを改善しましょう。誰にでも取り組めるたった6つの方法をご紹介いたします。

生活リズム整ってますか?

私たちが健康的に生活するために欠かせないもの、それが生活リズムです。人それぞれに、自分が決めている生活のパターンというものはありますよね。食事をする時間や、睡眠をとる時間など、だいたいいつもは何時、というものがあると思いますが、そのリズムが乱れると、体にさまざまな不調をきたすことになるのです。

私たちにとって、生活リズムはとても大切な事ですが、普段はあまり意識していないという人も多いのではないでしょうか?もしくは、生活リズムを整えなければならないことは分かってはいるけれど、実行に移せていない人もいるかもしれませんね。今回は、生活リズムを改善したいというあたなに、試してほしいことを順を追ってご紹介いたします。

生活リズムが乱れるとどうなるの?

毎日きっちりと決められたリズムで行動できればいいのですが、なかなかそうはいきませんよね。睡眠時間が少なくなったり、食生活が乱れてしまったり、過労気味で休養が取れていないなと感じることもあるでしょう。現代社会はとにかく忙しい毎日です。そんな日々の中で、生活リズムが乱れることによって生じる不調を確認しておきましょう。

体調不良や倦怠感が出る

例えば、不規則な生活が続いていていると、睡眠時間が減ったり、食事も栄養バランスが偏ったものになりがちですよね。すると、免疫力が下がって風邪をひきやすくなったり、肌の調子も悪くなり、便秘も気付けばもう数日続いている、なんてことも起こり得るでしょう。それくらい、生活リズムの乱れは私たちの健康と密接な関係があるのです。

また、疲労を十分に回復することができず、いつも倦怠感に悩まされ、何事に対しても前向きな気持ちになれない、やる気が出ないなど、精神的にもダメージを受けてしまいます。

実際に私たちは、人から注意されなくても、生活リズムの乱れによる不調を肌で感じているはずです。生活リズムというものは、私たちが心身共に健やかな毎日を送るために、意識しなくてはならないものなのです。

ストレスが溜まる

生活リズムが乱れてまず起こるのは「ストレス」です。ストレスは、自分ではなかなか気づきにくく、いつの間にか蓄積されていて、ある日突然爆発してしまうこともよくあります。特に我慢強い人は、限界まで頑張ってしまう所があるので注意が必要です。

ストレスが溜まると、体のさまざまな所に不調も起こしやすくなるので、休日などは何も考えずにリラックスする時間、自分が好きなことを好きなだけ出来る時間を作りましょう。

思考回路が低下する

私たちが普段元気に過ごせているのは、脳が正常に働いているからです。つまり、生活リズムが乱れると脳の機能も低下するので、生活にさまざまな支障をもたらすようになるのです。

例えば、仕事などが忙しくなり毎日帰る時間が遅くなったとします。食事をする時間も不規則になり、寝る時間も深夜過ぎ。そして朝はまた早起きしてまた怒涛の1日の始まり…。こんな生活を送り続けていれば、脳がリラックスできる時間は限られてきますよね。すると、脳が正常に機能しなくなるので、1日中疲れが溜まったり、思考回路が低下し仕事などでミスをするといった問題も起こりやすくなるのです。

疲れを取り、新たな1日を元気に過ごすためには、睡眠で脳を休ませてあげる事が必要不可欠です。どれだけ忙しい毎日を送っていたとしても、キリのいい所で切り上げるなどして、出来るだけ睡眠時間はきちんと確保できるように工夫しましょう。その方が、脳がスッキリして頭の回転もよくなるはずです。

睡眠がどれだけ私たちの健康に大切かは、研究によっても証明されています。その研究によれば、睡眠時間が多くて4時間~5時間という生活を1週間近く送っている人は、脳の働きが鈍くなり思考回路が低下するそうです。また、精神的にも不安定になり、うつ病などのの発症率も上がったそうです。

生活リズムと密接なかかわりがある睡眠が乱れることは、脳機能の低下、ひいては体調不良まで引き起こしかねません。1日くらいよくても、それが毎日続くのは危険ということを覚えておきましょう。

過敏性腸症候群になる人が多い

ストレス社会で生きている人は生活リズムが狂いやすく、過敏性腸症候群になる人が多いとそうです。特に、感情表現が苦手で相手に思いを上手く伝えられないタイプの人や、ストレスの発散方法が分からない人がなりやすい傾向にあるようです。

過敏性腸症候群では、下痢気味になったり、おならの回数が多くなるなどの症状が表れるので、つい整腸剤などで治そうとしてしまうのですが、これだとストレスを根本的に治す事にはなっていません。なので、まずは生活リズムを見直して、心身ともにストレスから解放される方法を見つけ出す事が大切と言われています。

生活リズムの改善方法

これまの説明で、生活リズムが私たちの健康的な毎日に欠かせないものであるという事はお解かりいただけたと思います。しかしながら、忙しい現代社会では、ついつい乱れがちになってしまいますよね?忙しい毎日の中でも、生活リズムを改善する方法やヒントには、どんなものがあるのでしょうか?できるだけ簡単に、誰にでも取り組める内容にまとめてみました!

1.自分の生活の改善点を考える

生活リズムを改善するために、最初に取り組みたいことは、自分の生活リズムを知ることです。今、良い生活リズムを送れているのならば問題はありませんが、仮に生活リズムを改善したいと思っているのであれば、あなたの生活リズムは最善ではないのかもしれません。

あなたが今送っている生活のリズムには、必ず原因があるはずです。例えば、いくら朝型の生活の方が体内リズムに合致しているからと言っても、夜勤がメインの方に朝型の生活は物理的に無理でしょう。となれば、自分が置かれている現状と、自分が送っている生活リズムを見直すことが大事になりますよね。

その上で、改善できる点は改善し、妥協しなければならない点があるならば、どうすれば少しでも生活リズムを整えることができるのかを探らなければなりません。一度、ご自分の生活内容と時間帯を紙に書きだしてみると良いでしょう。期間は1週間ほどが目安になります。生活リズムを改善したいなら、まずは現状を知ることが大切です。

2.食事はきちんと摂る

毎日忙しいからといって食事を抜かしたり、寝る直前に夜ご飯を食べるような生活は送らないように心がけましょう。また、生活リズムを整えるためには、朝食を摂る方が良いといわれています。朝から何も食べられないという人でも、スムージーやサラダ、フルーツ、スープくらいなら食べられそうですよね!

食生活のリズムを整えることによって、体がシャキッと目覚めますし、自然なお通じのリズムもできやすくなります。日中は仕事の都合によって、自由な時間に食事を摂ることができないという場合でも、何パターンか決めておくと、それなりにリズムはできあがるはずです。

食事の時間を決めておくことによって、今までなら「もう少し作業を進めてキリを付けてからにしよう」と、ついつい食事時間がずれてしまったとしても、「時間が来たから先に食べてしまおう」と生活リズムの改善につながります。夕食にも同じことが言えるでしょう。食事の時間をあらかじめ決めておくことは、とにかく生活リズムの改善につながるのです。

3.睡眠時間をしっかり作る

睡眠は私たちの健康に欠かせないものであるにも関わらず、多少時間が削られたとしても、辛くなるのは自分だけで他人に直接的に迷惑をかけるわけではないので、ついついおざなりにしがちではありませんか?しかし、生活リズムを考えるうえで、睡眠時間の確保はとても大切です。

なので、生活リズムの改善を考える時には、まずは自分にとって理想の睡眠時間や、理想の睡眠の時間帯を先に決めてみるといいでしょう。1日の1/4~1/3のまとまった時間を占める睡眠時間を確保することで、その他のリズムの指標となり、生活リズムを改善しやすくなるでしょう。

因みに理想的な睡眠の時間帯は、午後10時~午前2時と言われています。この時間にぐっすりと熟睡できると、ホルモンの分泌が活発に行われ、日中の疲労回復や器官の増強につながるといわれています。このことを考慮しながら、毎日○時~○時までの何時間は睡眠に充てる、と決めてしまうと良いでしょう。

4.入浴も出来れば毎日同じ時間に

毎日、お風呂に入る時間はだいたい同じですか?それとも、日によって違って、しかもゆっくり浸かることもない、なんてことはありませんか?実は、お風呂に入るタイミングを決めることも、生活リズムを整えるうえではとても大切なことなのです。

生活の中で、お風呂に入る時間がその日によって左右されてしまうのは分かります。例えば、何気なくつけていたテレビも、そろそろお風呂に…と思った瞬間に、続きが気になる内容になるなんてこともしょっちゅうありますよね。あと5分、あと5分と思っているうちに、1時間なんてあっという間に経ってしまします。

しかし、後から考えるとそれほど見たいテレビでもなかったな、なんてこともあり得ますよね。自分にとって充実した時間ではないのについついダラダラしてしまった、というような勿体ない時間を無くすためには、お風呂に入る時間をあらかじめ決めておく方法が効果抜群です。

ただ、どうしても見たい番組がある時もありますよね。このような時は、録画で休日にまとめて見るという方法も考えてみましょう。

5.休日もリズムを大切にする

平日は、睡眠と同じく一日の大部分を過ごす“仕事”という生活リズムの軸がありますから、リズムをキープしやすいと言えるでしょう。誰だって、一度でも寝不足で仕事に向かう辛さを知ってしまえば、今日こそは早く寝ようと心がけるものです。

ただ、本来ならば夜更かしが好きな夜型さんにとって、早く寝なければならないという規制は、精神的にも厳しいものがあります。そうすると、ついつい金曜日の夜、土曜日の夜などの休日前に羽目を外してしまうことが多くなります。

生活リズムを改善したいと思うのなら、お休みの日も油断してはいけません。前夜、夜中の3時4時まで起きていて、翌日はお昼頃に起き出し、朝食をたべてまた昼寝。こんなことではいつまでたっても生活リズムは改善できないでしょう。お休みの日も、いつもと変わらぬ生活リズムを送ることが、生活リズムの改善に繋がる方法なのです。

6.メリハリをつける

今までその時々の、「のんびりしたい」、「もうちょっと夜更かししたい」とか、夕食後のこたつで「限界だからとりあえず1時間だけここで眠りたい」という気持ちを優先してきた人たちにとって、ダラダラしてはいけない、さっさと行動しなさい、と言われるのはとてもつらいことだと思います。仕事が終わって家に帰ってきてまでキビキビ行動なんて、絶対無理。ちっとも心が休まらない!と反発したくなるでしょう。

でも、本当に休まらないのでしょうか?少しキツイ言い方になりますが、今まで貴重な時間を有効活用するわけでもなく、「早く動かなきゃな」と思いながらも、ついだらだらすることが、本当に休まったと言えるのでしょうか?これこそ時間の無駄遣いではないでしょうか?

もし、ダラダラしたいその瞬間、その気持ちに打ち勝ってさっさと行動することができたのなら、ダラダラしていたはずの時間は、後で“自由時間”となって戻ってきます。その時間は好きに過ごしてもいいのです。すべきことをすべて終えて、就寝時間までの間ならダラダラしていても、「早く後片付けしなきゃ」などの心の焦りもありませんし、きっと有意義な時間になるに違いありません。

休む時と、行動を起こす時のメリハリをつける。これが癖になれば、その方が快適な時間を過ごせるはずです。夜、リビングでうたた寝してしまうというあなた。1週間だけでも頑張ってメリハリをつけてみませんか?そうすることを心地よく感じられたとしたら、自然と生活リズムは改善できることになります。

生活リズムはリセットできる?

せっかく生活リズムを改善できたと思ったのに、仕事が忙しかったりシーズン的に外出や外食が多かったりで、リズムが乱れてきた!という場合もあるでしょう。そんな場合はどうすればいいのでしょうか?生活リズムの戻し方をご紹介いたします。

思い切って工程を抜いてしまう

例えば、仕事の打ち合わせが延びて、自分で決めたランチタイムを大幅に押してしまったとします。そんな時あなたならどうしますか?どれぐらい予定からずれてしまったかにもよりますが、もしそれが16時や17時だとしたら、夕食の時間に近くなってしまいますよね?そんな時間帯に昼食代わりにガッツリご飯を食べてしまうと、夕食の時間帯にお腹が減っておらず、夕食の時間までずれてしまう可能性が高くなってしまいます。

そうなると、お風呂の時間がずれ、就寝時間がずれ…とすべての生活リズムが狂ってしまいます。そうしないためにも、思い切って昼食という工程を抜いてしまうのです。もちろん夕食までお腹が持ちそうになければ、軽いものをつまむくらいはOKですが、夕食に響かない程度にすることによって、その後の生活リズムをリセットすることが可能です。

これは他の工程にも当てはまります。残業や外出で帰宅が遅くなり、就寝時間が遅くなってしまっても、翌日は決められた時間に起きる。するとそこからは生活リズムがリセットさているので、その日は寝不足で辛い思いをするでしょうが、すぐに生活リズムを戻す事が可能です。

もし生活リズムが乱れそうだな…と感じたら、一番近い工程を抜いてしまい、次の工程から戻してみるのはいかがでしょうか?

生活リズムを改善してより健康的な毎日を!

生活リズムを改善する方法とリセットする方法をご紹介いたしました。こうやって見ると、なんだこれだけ?と簡単に感じていただけたのではないでしょうか?そう思ったのなら、是非今日から実行に移してください。生活リズムが整うと、身体も楽になり、活動的に過ごすことができるので、今までよりももっと毎日が楽しくなりますよ。最初の一歩が踏み出せたら、きっと維持できるはずです。生活リズムを改善して、新しい生活を作りましょう。

(5,959文字)

-健康

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.