心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ




心理

髪を切りたい!急に思いついた8つの心理とは何?切る前の確認と解消方法

更新日:

髪を切りたい!と急に思い立つことがあるという人は意外に多いのではないでしょうか?そう思う心理の説明から、切る前に確認しておきたいことを紹介していきます。切る前にちゃんと確認することによって、自分の心境や衝動で切ってしまった後悔を減らすことができます。ぜひ、急に髪を切りたいと思っている人は積極的に知っていきましょう。

急に髪を切りたくなる時の心理とは一体?

ヘアスタイルは、印象を変えるとても大事な部分です。ですので、ヘアスタイルを変えることによって顔はいくらでも変わることができます。そんな大事なヘアスタイルを、変えたい!と思う心理には一体何が隠されているのでしょうか?ここでは、髪を切る前に知っておきたいことや、確認しておきたいことを紹介していきます。

急に髪を切る前に、自分の心情と向き合ったり解決方法を知ることによって、より納得いくヘアスタイルになります。衝動だけで髪を切ってしまわずに、今の自分としっかりと向き合っていきましょう!

髪を切りたくなった時のよくある理由とは?

伸び過ぎてきたから

髪の毛は、平均的に1ヶ月に1cm伸びると言われています。ですので、1年にしますと12cm伸びることになります。なので、度々切っておかないと髪は伸び過ぎてしまいます。あたり前ですが、髪の毛は伸びないと切りません。なので、伸び過ぎて切るのはとても単純で当たり前な理由です。

邪魔になったから

髪の毛が、邪魔になって切るという人は多くいます。とくに前髪などは、目にかかることによって視界を妨げられ邪魔に感じる人がとても多いです。前髪以外でも、髪の毛を長く伸ばしますと寝がえりをうつ時に邪魔だと感じる人もいます。

なぜならば髪の毛が長いですと、自分の肩や背中の重しになって髪が引っ張られ、痛いと感じることがあるからです。そのような時に突然切りたい!と思う人も意外に多くいるかもしれません。

暑いから

夏の暑い時には、髪を切りたくなる人が増えます。なぜならば、首に髪の毛があるのとないのとでは涼しさが全然違うからです。冬のマフラーのように、首元は体温が大きく変わる場所です。ですので、男性の場合は短髪にする人が増え、女性も短くしたりアップスタイルにヘアアレンジする人が増える傾向があります。

流行っているから

ショートスタイルや、ボブスタイルが流行っている時には、おしゃれに敏感な人は自分も取り入れてみようと髪を切ることがあります。流行っているヘアスタイルは時代によって様々です。また、似合うヘアスタイルも人それぞれです。なので、流行っているからとすぐに切らずに、ちゃんと自分に合ったヘアスタイルなのかどうかを髪を切る前に考えることがとても大事になります。

輪郭や顔立ちによって、似合うヘアスタイルがちゃんとあります。自分に似合うヘアスタイルを研究する方が、流行のヘアスタイルにするよりも自分の魅力を引き出す方法になるかもしれません。

髪が痛んできたから

ロングにするために、髪を伸ばそうとずっと切らずにいる人も中にはいるかもしれません。しかし、古くなった髪の毛は栄養が届きにくくなるので痛みやすく、枝毛なども目立ちやすくなります。髪が傷んでいますと、潤いがなくなりパサついた髪になってしまいます。なので、髪の毛をロングに伸ばす場合でも定期的に毛先を切ることが大事になります。

心の奥にこんな思いを抱えている!?急に切りたくなる心理

自分を守りたい時

強い縛りから一刻も早く逃れたいために、自分を守るという防衛本能が自然に働き髪をバッサリ切ってしまうことがあります。衝動買いもその一つとされていますが、髪を切るという行為もこうした自己防衛の本能が働いているからなのです。事実から逃れてしまいたい強い気持ちが、何かを思い切って失ってしまいたいという気持ちに変わり髪を衝動的にたくさん切ってしまいます。

気持ちを入れ替えたい時

進学や就職など、新しいスタートの時には気持ちを入れ替えたいと思う人が多いです。そのような時に、メイクやファッションだけではなく、ヘアスタイルも変えるという人がいます。ヘアスタイルは、やはりイメージチェンジをするには圧倒的に影響力があるからです。しかし、切りたいけど切りたくないと思う気持ちがある人は要注意です。一時的な、変身願望によって髪を切って後悔することもあるからです。

大切な人とのお別れ

髪を切りたくなる時はどんな時ですか?女性が心の奥底に秘めている心理で、髪を切ってしまいたい時がありますよね。よく聞かれるのが失恋や大切な人との別れ。大切な人とどうしても別れなければならない時には、その悲しみから脱出するために、髪を切ってしまいたくなるようです。

大きなストレスを受けた後

何か長い間とらわれていた状態から解き放たれたいと感じる時に、女性は髪をバッサリ切ってしまうことがあるようです。特にストレスが長期にわたって強く感じていると、理由もなくバッサリ切ってしまいたくなるようですね。

強いストレスが長期間感じるような環境下にいると、衝動で髪を予想以上に切ってしまうことがありますから、ヘアスタイルを変えたい時には、よく決めてから美容院に行く方がよさそうですね。

自分に自信がなかったり不安がある

自分で髪を切ろう!と急に思い立った時には、自分自身に不安や不満があることがあります。自分を自分で傷つける行為をする時には、自分自身に不安や不満があることが多いからです。髪を切ることは、けして自分を傷つける行為ではないですが、何らかの形で自分自身にストレスをぶつけていることが言えます。なので、そのような時にはいつも以上に自分に目を向けてケアしてあげることが大事です。

急に切りたい!と思ったら

鏡をみて想像する

「髪をどうしても切りたい!」と感じた時は、鏡を見るようにしてみましょう。本当に切ってしまって大丈夫なのか、冷静に自分の顔と現在のヘアスタイルをからどのように変化するのか、鏡を覗いてみましょう。
その時、自分の顔がいつもより不満げな顔つきをしていませんか?自分のそういった不満げな顔を見ていたら、冷静になれるのではないでしょうか。急に髪を切りたくなったら、是非鏡を覗いてみて下さいね。

とにかく切ることをイメージしてみる

髪を急に切りたい時には、とりあえず切ることを想定せずに、アレンジしてみることに意識を持っていきましょう。「切る前にどんなヘアアレンジをしようかな?」とか「今までした事がないヘアアレンジを試してみようかな。」とアレコレ考えているうちに、髪を切るよりそのままでアレンジした方が楽しいと感じることもあるでしょう。

ヘアスタイルを急に変化したい時には、アレンジすることを想像するのも一つの手ですね。もし衝動的に切りたくなったのなら、ちょっと気持ちの方向転換をして、好きなタレントさんのヘアスタイルを参考にしてアレンジしてみるのも楽しいですよ。

近日中にたくさんの人に会う予定がある

髪を切る前に、近日中に大勢の前にでたり、逢ったりすることはありませんか?切ってしまって万が一似合わなかった場合には、ちょっと人前に出たくなくなるものですよね。ですから切りたくなった場合には、これから先に何か大事な予定がないかとか、大勢の人に会う機会はないかなどちょっと頭に浮かべてみておきましょうね。

特にかしこまった席では、急に髪を切ってしまうと、着ていこうと思っていた服装が似合わなくなったります。予定外の出費にならないように、大きなイベントの前などでしたらヘアスタイルは急に変えないほうがよさそうですよ。

自分の髪質を思い出してみて!

髪を長くしていると、髪の重さで癖があっても気にならなくなっていることもありますよね。もし髪を切ったら、「そういえば短く切ると自分の髪は左側が跳ねてスタイリングが大変だったな。」といった自分の髪質を思い出してみましょう。

過去に毎朝髪の毛のどちらか一方が跳ねてしまって、大変だったことはなかったでしょうか?毎朝髪型をきちんとするのに時間がかかっていた場合なら、思い切って衝動的に切るのはやめておいた方が良いのかもしれませんね。自分の髪質なら短くなったらどれだけ大変だったかを思い出してみて、切るのを検討されても遅くありません。

カット後の変化した姿は似合ってる?

髪を切る前に、切った後の自分を想像することができますか?また、想像した時にどのような気分になりますか?切る前にしっかりと、ヘアスタイルをイメージすることはとても大事になります。想像することによって、似合うかどうか判断する1つの大事な材料にもなるからです。

切った後の自分を想像してワクワクできるのであれば良いですが、何も感じなかったり、何もイメージすることができないのであればもう1度考え直す必要があるかもしれません。

身近な大切な人に相談してみる

恋人に相談してみるのも1つの方法です。メンズでショートヘアが好きな人もいれば、ロングヘアが好みだという人もいます。人によっては、ヘアスタイルの好みがはっきりとしている人もいるので要注意です。もし恋人が切った後の髪型にがっかりしてしまったら、何となくこちらも悲しいですよね。

ですので、恋人に事前に聞いてみることはとても大事です。大事な人の意見は、とても今後のヘアスタイルの参考になります。1度ショートにしますと、ロングになるまでには何年もかかりますので衝動で切って後悔しないように気を付けましょう。

髪を切ってしまった!後悔したらメリットを考える

地肌の負担が減る

切りすぎたと後悔してしまったり、切り方に不満が残りますとストレスが溜まってしまいます。それでは、毎日の気分も明るくなりません。ショートにした場合には、伸びるまで待つのも時間がかかります。そのような時には、考え方を変えたりメリットに目を向けることがとても大事になります。その1つに、地肌の負担が減るということがあります。

髪が長い人や量が多い人は、短い人よりも毛根に負担が大きくなります。なぜならば、髪自体の重さによって頭皮が引っ張られている状態が続くからです。ですので、頭皮は常に負担を感じるようになります。それは、薄毛や抜け毛の原因になる恐れもあります。

洗う・乾かすのが楽になる

髪を切ると嬉しいのが、洗うのと乾かすのが楽になることです。やはり、ロングの場合は洗うのにも乾かすのにも時間と手間がかかります。なので、ロングからショートにするとびっくりするほど楽に短時間でできるようになります。これは毎日のことですので、とても時間の節約にもなります。人によっては、その理由から髪を短くしている人もいます。

また、髪が短いですとシャンプーなどの量も少なくすみます。洗う時にシャンプーや髪の量が少なくなりますと、洗い残しなどが少なくなり髪や頭皮にも良いです。

お手入れが楽になる

やはり、髪を切った方がお手入れが楽になります。ロングの場合は、髪が長い分からまったり、毛先が傷んで枝毛になったりとちょっとしたトラブルがよくあります。どうしてもロングの場合は、髪が古くなり栄養も届きにくくなるので傷みやすくなってしまうからです。しかし、ショートやセミロングにしますと、髪がからまる心配もなく毛先の傷みも少ないです。

なので、髪をきれいに保ちやすくなります。髪のスタイリングする時には、ワックスやトリートメントの量も少なくすむのでスタイリングも楽になります。また、ショートにしますとヘアアレンジをする必要がないので考える手間も省かれます。

今の自分と向き合って素敵なヘアスタイルに!

急に髪を切りたいけれどどうしようかと迷っている人は、少しでも解消するきっかけになったでしょうか?急に髪を切りたくなる心理を知ることによって、今の自分の感情と向き合うことができます。ヘアスタイルは、とても大事です。ですので、切る前にしっかりと自分と向き合って素敵な自分に近づいていきましょう!

(4,847文字)

-心理

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.