心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ




健康

その口臭は内臓が原因かも…臓器ごとに臭いの種類も対策も違います

投稿日:

口臭で周りに迷惑をかけていませんか?その原因は口の中だけではありません。生活の乱れやストレスで内臓機能が低下し、口臭が起きてしまう場合があります。口臭の元になる主な臓器は胃、腸、そして肝臓。口臭の原因と対策を紹介します。

内臓から出る口臭は歯磨きでは消えない

口臭は虫歯や歯周病など口の中に原因がある場合が80~90%を占めますが、中には内臓が原因のこともありあます。内臓からくる口臭は、いくら歯磨きやマウスウォッシュ、歯周病対策などのオーラルケアを徹底しても、臭いは消えません。口臭を引き起こす主な臓器は胃、腸、そして肝臓です。それぞれの臓器でどのように口臭が発生するのか、対策と合わせて見ていきましょう。

胃が原因の場合

胃は通称「おしゃべりな臓器」とも呼ばれます。その理由は、不調や機能の低下が症状として表に出やすいからだといわれています。胃に起因する口臭にはどのような特徴があるのでしょうか。

食べ物の異常発酵が口臭に

胃が原因の悪臭は、どぶや食べ物が腐ったような強い臭いがするのが特徴です。飲みすぎや食べすぎ、ストレスや精神的な緊張が続いて胃を弱らせてはいませんか?胃の働きが弱くなると消化不良を起こし、消化されずに残った食べ物が異常発酵すると強烈な悪臭を放ちます。

胃は内容物が逆流しない仕組みになっており、胃の臭いが直接口から出てくるわけではありません。臭いは胃壁から取り込まれて血液で肺に運ばれ、吐く息とともに外に出て口臭となります。胃の機能が弱まると、口臭以外にも胃が重い、ムカつくなどの症状が出る場合があります。

このほか胃の筋肉が弱まると、胃酸が食道に逆流する逆流性食道炎を発症する場合があり、胃酸と胃の内容物によって刺激の強い口臭を発します。

胃をいたわって正常に戻そう

胃をいたわり、正常な胃の働きを取り戻すことが大切です。胃を酷使するような脂っこい食べ物や刺激物、塩分、アルコールの摂り過ぎに注意しましょう。そして消化しやすく胃に負担の少ないものを食べ、腹八分目を心がけましょう。

そのほか、たばこを控える、できるだけストレスをためない、睡眠をしっかり取る、適度な運動をするなど、生活習慣の改善に努めましょう。放っておくと、胃潰瘍や胃炎など口臭だけでは済まない病気になる恐れもあります。

腸が原因の場合

多くの神経や血管が集まる腸は「第二の脳」とも呼ばれ、消化と排泄のほか脳と密接なつながりがあるといわれています。腸が原因の口臭を改善するには、腸内環境を調えることが大切です。

悪玉菌の腐敗ガスが口臭に

腸が原因の場合は、卵の腐ったような臭いが特徴です。腸内フローラと呼ばれる細菌群のバランスの悪化や便秘などが考えられます。偏った食事やストレスなどで乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が減少し、悪玉菌が増えると腸内の細菌バランスが悪化。悪玉菌から発生する腐敗ガスが腸の壁から取り込まれ、血液を通じて肺まで運ばれると、口臭となって体の外に排出されます。

また、便秘によって腸内に長期間とどまっている排泄物が悪臭を発し、口臭の原因になることもあります。便秘が原因の口臭は便やおならのような臭いがします。

発酵食品で腸内フローラの改善を

発酵食品を積極的に摂り、減ってしまった善玉菌を増やしましょう。発酵食品はチーズやヨーグルトのほか日本食にもたくさんの種類があります。オススメは納豆や味噌、漬物など和食の発酵食品です。外食が多くて発酵食品を取りにくい場合は、サプリメントを有効に活用しましょう。

ビフィズス菌を増やすには、その栄養源となるオリゴ糖を取るのが効果的。オリゴ糖は玉ねぎやゴボウなどの野菜やバナナ、はちみつ、納豆などに含まれています。このほか規則正しい生活やストレスをためない生活も大切です。

肝臓が原因の場合

おしゃべりな胃に対して、肝臓は別名「沈黙の臓器」と呼ばれます。それは肝臓は再生能力が高く、多少のトラブルでは症状として表れないからだといわれています。そんな丈夫な肝臓も、口臭として不調を表す場合があります。

口臭は沈黙の臓器の不調のサイン

肝臓が原因の口臭はアンモニアの臭いがします。肝臓にはアルコールやアンモニアなど体に有害な物質を分解・解毒する大切な役目を担っています。ところが肝機能が弱まると、これらの有害物質が解毒されずに悪臭の原因になります。悪臭物質が血液を介して体に回り、悪臭を放ちます。

飲酒量の多い人や肉を多く食べる人、薬を常用している人は要注意。睡眠不足やストレスなど生活習慣の乱れも肝臓に負担をかけ、口臭の原因になります。肝臓が弱ってくると疲れやすい、熟睡できない、肩や首がこるなどの症状が表れます。また、重症化すると肝硬変などの重い病気になる場合もありますので注意しましょう。

「休肝日」などで肝臓をいたわろう

お酒をよく飲む人はお酒の量を減らしましょう。できればお酒をまったく口にしない「休肝日」を週に1〜2日設けたいものです。このほか適度な運動、規則正しい生活を心がけ、ストレスを減らすようにしましょう。また、良質なたんぱく質を多く摂るようにしましょう。

口臭は内臓の不調のサイン。早めにケアを

内臓による口臭は強い刺激臭が特徴で、放っておくと重大な内臓疾患につながる恐れもあります。まずは内臓に優しい生活を実践し、口臭の元になる体の不調を治すことが肝心です。内蔵機能の改善にはある程度時間がかかりますので、口臭をすぐに消したい時は、口臭サプリを服用してはいかがでしょうか。1日1〜3粒で1日中、体内に漏れ出す悪臭を消してくれる強い味方です。

(2,278文字)

-健康
-

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.