心理学や健康ネタなど、日々勉強したことのアウトプットのためのブログです。

ナイスのブログ




健康

マスクが頭痛の原因だった!?その理由と頭痛を予防する方法とは

更新日:

マスクをつけると頭痛になりやすいという方は、そのマスクが原因かもしれません。マスクの正しい知識を身につけることで頭痛を予防するように心がけましょう。今回は、マスクが頭痛の原因になる理由と対策についてご紹介します。

マスクが頭痛の原因に?その理由と対処方法

マスクをしているときに頭痛を感じたことはありませんか?実はそれマスクが原因かもしれません。せっかく風邪やインフルエンザの予防のためにつけているのに頭痛になってしまったらショックですよね。そこで今回は、マスクが頭痛を引き起こす理由と、頭痛を予防するための対策方法についてご紹介します。

マスクをつけると頭痛になる理由とは

マスクが頭痛の原因になることがあると言われていますが、一体どういうことなのでしょうか。ここでは、なぜマスクをつけることによって頭痛を引き起こしてしまうのかについてご紹介していきます。

耳と頭痛には密接な関係があるから

風邪やインフルエンザの季節に、長時間マスクをつけていると頭痛になってしまうという方が実は意外と多くいます。この理由の一つとして、マスクの紐が耳を痛めているということが考えられます。耳には様々なツボがありますし、体の平衡感覚を整える場所でもありますので、刺激を受けることによって頭痛の原因となっているという説があります。

また、マスクをつけることによって側頭筋と呼ばれる、両耳の上の方にある筋肉に力が入って負担となり頭痛の原因となるのではないかとも言われています。

酸素不足が原因になることも

仕事中などにマスクをしていて息苦しく感じたことはありませんか?これは体が酸素不足で酸欠状態になっていると言われています。最近は、息が苦しくならないように通気性に優れたマスクが多いですが、マスクの種類によっては苦しい場合もあるようです。酸欠になると頭部に酸素が行き届かず頭痛を引き起こすことがあると言われています。

また、女性に多い貧血とのダブル作用で酸欠になりやすい状態になっていることも考えられます。貧血になると血が不足して酸素を体中に運ぶ役割が弱まってしまいます。さらにマスクをして外から酸素が取り込みにくい状態になることで、酸欠を増長させているのではないかとも言われています。

マスクの素材が合わないことも?

医学的な根拠については不明ですが、マスクの素材や成分が体に合わないという人も中にはいるようです。マスクの大きさや付け方は正しいけれどどうしても頭痛になってしまうという場合には、マスクの素材を変えてみても良いかもしれませんね。また、頭痛が一向に治らずひどい場合には、一度アレルギー検査などを受けて体質のチェックをしてみても良いでしょう。

マスクの効果がなく風邪を引いてるかも

元も子もない話なのですが、マスクの付け方や大きさが顔に合っていないためにマスクの効果が完全になくなっていることも考えられる話です。自分ではマスクで風邪やインフルエンザの予防をしているつもりでも、細菌がずるずる入ってきてしまって風邪を引いているだけかもしれません。自宅でマスクを外しているときも頭痛を感じるという場合には、風邪やインフルエンザに感染していないかを疑ってみることも大切です。

マスクで頭痛が起きるのを予防するには

マスクが原因で頭痛になってしまうのは絶対に避けたいですよね?ここでは、マスクで頭痛にならないために気を付けたいことをご紹介していきます。

マスクは正しい付け方をしよう

マスクを買ったとき、その使用方法をしっかりと読む癖がついているでしょうか?マスクは正しい付け方をしないとせっかくつけたその効果ががくっと下がってしまいます。

例えば、現在主流になっているプリーツタイプのマスクですが、実は裏表を反対につけている人が多いのです。プリーツのヒダが下向きになっている方を外側にして装着しないと、ヒダがポケットの役割を果たしてその中にウイルスや花粉が溜まってしまいます。

また、マスクの上下についてもしっかり確認しないと、顔への密着度が減りウイルスが隙間から侵入しやすくなってしまいます。少し固い針金のようなものが入っている部分が上になりますので、鼻の形に沿うようにしっかりと形を整えてつけるようにしましょう。

他にも、特に若い女性に多いのがプリーツをしっかり伸ばさない状態で付けてしまうことです。マスクで顔を覆うのが恥ずかしいのか、とりあえずつけているだけの状態になっていて無意味です。しっかりと広げた状態ウイルスから体を守るようにしましょう。

顔に合ったマスクをつけることが大切

マスクは大きすぎてもウイルスが入ってくるのを抑える効果がありませんが、小さすぎてもだめです。マスクと顔の間に隙間ができてしまいますし、マスクの紐がきつくて耳を痛めてしまい頭痛の原因になってしまうことも考えられるからです。顔の大きさに合ったマスクをつけることが大切です。

大きさは大丈夫であっても、マスクの紐がゴムタイプのものだと、ゴムが耳の後ろに食い込んで痛くなってしまうという人もいるでしょう。その場合は、ゴムを引っ張って少し伸ばしてから使用する、紐なしマスクを利用するなど工夫してみましょう。

また、最近は耳の痛みを和らげる専用のグッズなども販売されているようです。耳が痛くなると同時に頭痛にもなるという方は試してみてはいかがでしょうか。

耳のマッサージをしてみよう

マスクの紐による耳の傷みが頭痛の原因になっていることもありますので、頭痛を感じたら耳のマッサージをすることで一定の効果が得られることがあります。耳のくぼみの中にある「神門(しんもん)」と呼ばれるツボは自律神経を整えて頭痛の解消などに効果があると言われています。

指で耳を挟んでモミモミともんだり、引っ張ってみたりするだけでも体がポカポカしてくるのが分かると思います。仕事中などでも周りに気づかれずにできますから、ぜひ試してみてください。

マスクの正しい知識を身につけて頭痛予防を

いかがでしたか?今回は、マスクが頭痛を引き起こす原因と、予防方法についてご紹介しました。何気なくつけていたマスクが悩みの種である頭痛の原因とならないよう、正しい知識と使用方法を身につけましょう。マスクをつけると頭痛になってしまうという方はぜひ参考にしてみてください。

(2,568文字)

-健康
-,

Copyright© ナイスのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.